がたごと列車ブログ・線路端の雑記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS ジオラマへの第一歩:倉庫を作る(1):屋根勾配の検討

<<   作成日時 : 2009/01/19 23:18   >>

トラックバック 0 / コメント 5

画像

さて、いよいよ未知の領域であるジオラマに踏み出そうと思います。
その前に、サイズや工作の感触をつかむため、練習として簡単な形の倉庫を作ってみようと思いました。
自分で設計するのも大変なので、キットを買ってきました。



画像


画像

ちょうど、手持ちの写真の中にこのキットによく似たイメージの倉庫の写真がありましたので、これを参考に進めてゆきたいとおもいます。




画像

キットとはいっても入っているのは型紙だけ。
これを自分で切り出さなければいけません。



画像

他にはエコー製の屋根板やホーロー看板のシール、補強用の角材が付属しています。
裏に保管しておく棒の材料まで入っています。


ここで、キットの完成図を見ていて少し自分の持っている印象と違うな、と感じました。
よく考えてみると、それはどうも屋根勾配らしいです。
屋根勾配は建物の外観を強く印象づけるファクターのひとつです。
だいたい、ある地方の建物は同じ屋根勾配で作られていることが多いようで、レイアウトやジオラマでも統一感を持たせることが大切だと思います。

私のこれまで見てきた建物は主に東海地方が多いのですが、キットなど製品のもののプロトタイプはどうも関東らしいのです。
それで、どんなに良くできたキットであっても、何となく違和感を覚えていたのでした。
手元の資料が圧倒的に東海地方(特に三重県)が多いので、作品もやはりそれで統一したいと思い、屋根勾配を検討してみました。


「レイアウトテクニック」に屋根勾配の解説が載っていますが、屋根の横幅の半分の長さを10として、高さをxとすると、勾配はx/10と表されます。
平均的な日本家屋ではxは4〜5ぐらいだそうです。

倉庫はちょっと違っていて、手持ちの写真をいくつか実測してみると6〜7/10ぐらいが多かったでした。
ボール紙でモックアップを作って検討してみます。

画像

まず、キットと同じサイズです。
この屋根勾配は7/10です。



画像

次に6/10のものを作ってみました。



画像

最後は5/10です。

比べてみると、わずかな違いで印象が随分変わるのがわかると思います。
5/10は倉庫ではなく、住宅のように見えます。

どれにするかは好みの問題でしょう。
私はキットより少しゆるい6/10にしようと思います。


画像

素直に作ればいいのに、こんなことをしているから時間がかかってしまうのですね。
でも心に引っかかりがあるとどうせろくな物ができないので、納得できるまで事前調整みたいなことはやりたいと思います。
実際に工作がうまくいくかどうかとは別なのですが。



ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
することが、手早いですね。
キットを買って屋根勾配に気づき!
直ぐにモデリングして見るなんて○○○○
屋根勾配は、積雪に関係しいる、だから、地域に載り異なります。当地は、屋根瓦ではなく、鉄板仕上がりで、勾配は、逆に強めになります。
ついでに申し上げます、組立レールはおやめなさい
ちゃんとベースを作って、コルクを張り、フレキ
レールとしなさい。
例、1,800×350位ー2枚 台枠付き
台枠:ラワン14t×60×1,800 間に45-2補強
上板:コンパネ5,5t  (巾に切ってくれる)
コルク:3t×1,000×巾500位 巾=45切る
    (6tは値段が高い)
この2組をつなげる様にして、また、組立式の
カーブ R=450〜600程度を 間に入れ小判形に
1,500×3000の組立式レイアウトが出来ます。
直線に、砂、草、土、木、電柱、建物、
カーブは後でーー?? の感じ
ジオラマではなく=鉄道模型レイアウトです
          ーガンバって下さいー


ダマタカ
2009/01/20 12:20
ダマタカ様 こんにちは

なかなかシビアなコメントをいただき、どうもありがとうございます。

本当はここで指摘されたようにレイアウトを作りたいんですよねえ。
でも、いきなり大きなコンパネにフレキを打ち付けて、なんて、途方もない計画に思えてしまいます。
理想的にはそうしたいんですが。

なので、まずは机の上に載る30cmぐらいのジオラマを作ってみようと思っています。

これにしてもどこまでできるかわかりません。
とにかく、手の届く範囲で始めてみようというところです。
初瀬春日@管理者
URL
2009/01/20 14:32
今、家の棚の寸法を測ったら790×270でした、
同じ様な大きさで、L=600×300でもいい 
100番フレキ、5or6番ポイント1ケをコルク3tの
上にセットすれば出来上がり、
専用クギとジョイナー各1袋を用意して、
円ショップでラジオペンチを買いこれでクギを
外側のみさす。 台枠はH=20mmでも良い。
尚、台枠は切って、木工ボンドを付けビス止め。 コルクはゴムボンドで付ける。

砂利、パウダー、木、建物、やってみれば簡単
だから、本番で作った方がいいと思います。
貴男なら、3日で完成、すぐに、シーナリティー
を捜しに走り出すでしょう。

ダマタカ
2009/01/20 17:38
いやー、ダマタカ様の押しには負けました。
私の心のスキをうまく突いてきますね。

屋根裏の収納庫に何とかスペースを作ってみようと決心しました。
うまくいけば最長2.7mぐらい取れそうです。
幅は狭いのでセクション的なものになるでしょう。
残りは組み線路でエンドレスにできるよう、これから計画を練りたいと思います。

工作は、やはりまず、建物一つから試しに始めてみます。

あまり期待しないでお付き合い下さい。
初瀬春日@管理者
URL
2009/01/20 22:31
2,7Mあれば、充分楽しめると思います。
参考資料に付いて、私の方に書いてしま
いました、チエックして下さい。

貨車の入れ替えは、砂やパウダーで仕上げす
る予定でいました。出前で、他人の家に行っ
た時、室内を汚してはいけないことに気がつ
き、塗装だけ(2色)でやめた。

先般の運転会で、少しも見劣りしていないこ
とを、自覚しました。
数人にきかれたので上記内容で答えました。

ダマタカ
2009/01/21 09:27

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ジオラマへの第一歩:倉庫を作る(1):屋根勾配の検討 がたごと列車ブログ・線路端の雑記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる