がたごと列車ブログ・線路端の雑記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS ジオラマへの第一歩:倉庫を作る(2):側板

<<   作成日時 : 2009/01/23 01:18   >>

トラックバック 0 / コメント 0

倉庫の制作に取りかかります。

まず側板から始めました。
画像

扉はスジの入った紙で作るようになっていますが、表現がいまいちなので自作しました。
材料は和菓子などの包装に使われている薄い木の板です。
最近は少なくなっているので、見つけるたびに洗って保管してありました。
今回は厚さ0.2mm程度の非常に薄いものを使いました。
幅1mmに切り出してボール紙の上に並べて貼り付けました。
手作業ではどうしても隙間が出来たり少しゆがんだりしますが、かえって実感的ではないか思い、あまりきっちりと修正はしていません。



画像

先ほどの木の板を並べた上に、キットの枠組みを貼り付けました。
説明書では側板の裏から貼り付けるようになっていましたが、かなり奥まってしまうので、開口部にはめ込むように変更しました。
開口部は周囲を1mm角棒で囲ってアクセントにしました。



画像

扉を付け終えたところです。
裏はボール紙を貼って補強してあります。



画像

下見板は幅3mmに切り出した紙を一枚一枚重ねて貼ってゆきます。
この紙は木目調の凹凸加工をした紙で、色調も茶色っぽくしてあり、塗装不要と書かれています。
あまり違和感のない色なので、塗装せずに済まそうと思っています。



画像

側板2枚の下見板を貼り終わりました。
扉のある方は、説明書のおすすめ通り、下見板を三分割して貼り、変化を付けてあります。



画像

写真ではわかりにくいですが、角度を付けて撮影してみました。
下見板と、上部の土壁の境目に、境界を示す板を付けました。
材料は下見板様用の紙を1.5mm幅に切って二枚重ねにしたものです。
このキットはこういった細部のディテールが省略されており、素組みするとあっさりとした外観に仕上がります。
こういったわずかの細工で実感実が高まるのではないかと考え、一手間かけています。



ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ジオラマへの第一歩:倉庫を作る(2):側板 がたごと列車ブログ・線路端の雑記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる