がたごと列車ブログ・線路端の雑記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS レイアウトセクションの制作(20):地形の造成その3(道路)

<<   作成日時 : 2009/02/26 00:15   >>

トラックバック 0 / コメント 2

道路を作ります。
道路はバルサ板の表面に紙粘土を薄く貼り付けて表現しました。
未舗装路ですが、まだ土の質感は表現していません。
塗装後か、塗装と同時にざらついた表面にしたいと思います。

画像

農道は整備されていないので、轍や水溜りが出来ています。
ミニカーから外したタイヤを使って、このような轍製造機を作りました。



画像

このように使います。



画像

轍と水溜りを表現したところです。



画像

石ころを表現しました。轍の中の石は押し付けてほとんど埋めてしまいました。
それ以外も、軽く押し付けて紙粘土に少し埋まるようにしました。



画像


石ころに使ったのはマッハの「ミラクルバラストNo.1」です。
これは、木質の細かい粒子で、大きさは1mm以下だと思います。
小さい石材(砂利)として売られているものは多くが2〜3mmの大きさで、80倍するとかなり大きな石になってしまうので、出来るだけ小さいものがいいです。



画像

メイン道路は未舗装ですが整備されていて、轍がありません。
おそらく砂利道だと思われますが、砂利は踏み固められてほとんど見えなくなっています。
道の両脇にはじかれた砂利が見られます。



画像

メイン道路と農道の接続部分。
つながり方がちょっと不自然で苦しいです。
もう少し滑らかにつなげないとダメですね。





ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
おばんです。
レイアウトかなり、ハッキリ、
アクセントが出て来ましたね。

何で、こんなに高低差をーー、
と、思っていたら、田んぼ、
畦道、の表現なんですね!!
色々な、道具を作っての作業
感心して、見せて貰っています。

題材に、思い込みがあるんですね
私は、ネンドにボンドをたしました
プラスターを掛けた方が??
ダマタカ
2009/02/26 17:25
ダマタカ様 こんばんは

狭いスペースなので少しでも広がりを見せようと、高低差を付けてみました。

紙粘土にボンドを足す方法も考えましたが、以前やってみてやりにくかったので、今回は省略しました。
ひび割れ、剥がれの心配は少し残ります。

本道はプラスター仕上げでしょうね。
面倒なので無精して紙粘土だけです。
どうせ今回の地面はほとんど草で覆われる予定で、地面の露出する部分は少ないのでおおざっぱな作業になってしまいました。

初瀬春日@管理者
2009/02/27 00:36

コメントする help

ニックネーム
本 文
レイアウトセクションの制作(20):地形の造成その3(道路) がたごと列車ブログ・線路端の雑記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる