がたごと列車ブログ・線路端の雑記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS レイアウトセクションの制作(21):地面の塗装その2

<<   作成日時 : 2009/02/28 22:20   >>

トラックバック 0 / コメント 0

地形部分の塗装を仕上げました。
前回と同じアクリル塗料を使い、今度は少し濃度を上げて塗りました。
あまり筆でこすらず塗料を置くような感覚で塗装します。

画像

倉庫の周辺は、周りの地面と同じ塗料で塗装後、境目を消すため砥の粉を振りかけました。
乾燥後、指でこすって砥の粉をなじませますが、ムラや違和感のある部分はもう一度塗装→砥の粉の作業を繰り返し、自然な感じになるまで調整しました。



画像

川底の土も周囲と色調がかなり違ったので、周囲と同じ塗料を染みこませました。
また、砂利の固定が良くなかったので木工用ボンド水溶液を垂らして固定しました。




画像

塗装の完成状態です。



画像

道路は薄い黄土色の塗料(アンブリーチドチタニウム)を使いましたが、なま乾きの時にグレー、白、茶色のパステル粉を少しだけ振りかけ、筆で塗料と一緒にこすってなじませました。
あまり濃い色のパステルをたくさん使うとすぐに真っ黒な道路になってしまうので、ごくわずかにとどめておきます。
あぜ道の茶色とのつながり部分がはっきりとわからないよう、境目は両者の色が混ざるようにグラデーションを付けます。
画像




画像

川底の色は、乾くと周囲からあまり浮いた感じにならずに一応安心しました。



画像


画像


画像


画像

農道の轍を強調するよう光を斜めから当ててみました。
ちょっと表現がオーバーすぎましたね。
草をはやして隠すことにしましょう。

しかし、このような中間調の色調を室内灯だけで撮影すると、補助光(電気スタンド)の位置がちょっと変わっただけで写真の色がぜんぜん変わってきます。
なるべくおなじ色調になるよう、ちょっと補正しましたがひどい出来ですね。
他のサイトを見ているときれいな写真がたくさんあります。
写真の撮り方はもっと研究しなければいけません。
晴れた日に屋外で撮影してみたいです。




ブログランキング・にほんブログ村へ


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
レイアウトセクションの制作(21):地面の塗装その2 がたごと列車ブログ・線路端の雑記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる