がたごと列車ブログ・線路端の雑記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS レイアウトセクションの制作(34):踏切警報機の製作

<<   作成日時 : 2009/03/20 18:27   >>

トラックバック 0 / コメント 2

Lazy Jackのキットを組み立てます。

画像

キットの構成は真鍮パイプの支柱にロストのランプハウス、エッチングの細かいパーツ類、引物やホワイトメタルの土台などとなっています。
突起すべきはチップLEDも附属していて、点灯加工することが前提になっています。



画像

支柱に警戒板を取り付け、また、ハシゴを組みました。
うわさ通り、極めて繊細な作りです。
ハシゴは随分曲げてしまいました。
なにしろ、手に持ってヤスリがけや加工ができません。ちょっと力を加えただけで曲がってしまいます。
最初の頃、手加減がわからず曲げてしまいましたが、きれいに修復することは不可能でした。



画像

支柱にハシゴを付けます。



画像

(1)支柱にランプハウスをハンダ付けし、
(2)ランプハウスの円盤を付け、
(3)ランプハウス下の『踏切注意」板の取り付けベースを付けました。

随分荒い仕上がりになってしまいました。
力を入れて持てないのでキサゲも満足にできません。

画像

やっぱりハシゴがゆがんでいます。
かっこ悪いなあ。
LazyJackのサイトを見るときれいに組んでありますね。
コツが知りたいです。

塗装でごまかして、点灯のギミックで存在感を出すとしましょう。



にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。
凄いキットがあるのですね!しかも点灯・・・
どんな雰囲気になるのか期待大です〜
とと
2009/03/21 04:36
とと様 こんにちは

うわさには聞いていましたが、そうとう繊細なキットです。
別にパーツが細かすぎるわけではないのですが、とにかくエッチングパーツが薄くて、すぐにゆがんでしまいます。
取り扱いをかなり注意しないといけません。

早く塗装して点灯を試してみたいです。
初瀬春日@管理者
2009/03/21 12:40

コメントする help

ニックネーム
本 文
レイアウトセクションの制作(34):踏切警報機の製作 がたごと列車ブログ・線路端の雑記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる