がたごと列車ブログ・線路端の雑記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS レイアウトセクションの制作(36):踏切警報機

<<   作成日時 : 2009/03/22 23:19   >>

トラックバック 0 / コメント 6

踏切警報機を塗装し、点灯加工しました。

画像

塗装は定石通り、淡色から。
黄色の発色を良くするためにまず白を吹いてから、黄色をその上に塗り重ねます。



画像

マスキングして黒を吹きました。
細かい作業でまいりました。
吹き込みが数カ所あり、タッチアップしましたがあまりきれいに塗れませんでした。



画像

ランプハウスにはチップLEDを埋め込みます。
片方の極にはキット附属のリード線(径0.1mmぐらい)をハンダ付けし、支柱のパイプの中を通して下に導きます。
もう片方の極はランプハウスに直接ハンダ付けし、支柱から通電します。
これもひどい出来映えですね。
ショート防止は塗装だけ。
後で端子回りはエポキシで埋めてしまいます。
さらに後蓋をする設計ですが、ショートが怖いのでプラにしようかと思っています。


動作は良好でした。

こちらの動画

をごらん下さい。


お世辞にもきれいな出来とはいえませんが、レイアウトの中に置くと雰囲気は出るのではないかと思っています。



にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
こういった工作をサラリと(私から見てです)こなされるところがすごいですね。
車両工作のページも拝見しました。すばらしい技術をお持ちですね。金属工作には、工芸品を作るかのような、ある種の「巧の技」のようなものを感じてしまいます。いつかは踏み込まなければいけないと思いつつ、どうも敷居が高くて先延ばししてます。
私もレイアウトにLazyJack製品をできるだけ投入したいと思っているので大変参考になりました。
genchichi
2009/03/23 01:38
genchichi様 こんにちは

サラリと作りたかったのですが、かなり手間取りました。
その結果が曲がってしまったハシゴです。
今回は風景の中に置くので、まあこれでもヨシとしましたが、精密なジオラマなら完全に失敗作です。

金属工作は最初は敷居が高く感じるかも知れませんが、意外と難しくありません。
私にとってはプラの方がはるかに苦手です。

だけどLazyJackだけは、素晴らしい製品なのですが組立がこれほど難しいとは・・・

まだまだ技術を向上しなければいけないというところです。
初瀬春日@管理者
2009/03/23 08:31
こんにちは
点滅式の踏切カッコ好いですね。
下地白塗、黄色2~3回 黄色の
色出し難しいですよねーー
キットの入手の仕方を知らないので
ダミーにして有ります。

見て、点滅式が欲しく成りました。
「2個1組点滅セット・・」
購入方法を教えて下さい。
よろしく お願いします
ダマタカ
2009/03/23 11:21
ダマタカ様 こんにちは

なかなか一般模型店では入手できないので、すべてメーカーから直接の通販です。

LazyJack
http://www.lazyjack.co.jp/home/index.php
腕木信号機も素晴らしいものがあります。
ただやはり組立はかなり難しそうです。
ここにも点滅回路は売っていますが、私はもう少し安いものを買いました。

もけいや松原
http://homepage3.nifty.com/mokei-ya/
なかなかこういう特殊なものは入手しにくいですね。

(今回の工作は、メーカーの違う回路を組み合わせるために多少自分なりに加工してあります。)
警報機
2009/03/23 12:22
こんにちは。
これは期待にたがわぬ品ですね!
素晴らしい!
とと
2009/03/26 09:54
とと様 こんにちは

製品は素晴らしいです。
組み立ては超むずかしいです。

もう一度同じ物を作っても、うまくできる自信がありません。

でも雰囲気は非常に気に入ってます。
初瀬春日@管理者
2009/03/26 17:12

コメントする help

ニックネーム
本 文
レイアウトセクションの制作(36):踏切警報機 がたごと列車ブログ・線路端の雑記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる