がたごと列車ブログ・線路端の雑記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS レイアウトセクションの制作(30):川に水を流す(4)

<<   作成日時 : 2009/03/13 21:44   >>

トラックバック 0 / コメント 2

川に水を流してから72時間が経過しました。
昨日、追加のリアリスティック・ウォーターを流してからは24時間です。

画像

昨日はかなり少なめに流しましたが、説明書通り24時間で固化しました。
やはり水深は固化時間に大きく影響します。
幸いなことに、最初のものとの境目はほとんどわからなくなりました。
最初のものが大きく収縮している様子もありません。
そこで水面に波の表現をすることにしました。



画像


波の表現はウォーター・エフェクトという素材です。
木工用ボンドのような白いゲル状のもので、筆で塗りつけると、のばしたり、ある程度固めたり、筆のタッチがそのまま残ります。



画像

よくわからなかったので水流の方向に筆を流してみました。
乾くと透明になるとのことですが、最初全面的にスジがつくよう塗布したら急流に見えたので、少しずつたたくように塗りつけて、現段階で小川の流れに見えるようにやってみました。



画像

乾燥するまでどのような仕上がりになるのか不安です。



画像

一部分流れを表現せず、よどみのようにしてみました。

反省点:仕上がり後の透明度がこんなに高いとは思っていませんでした。
水底がそのまま見えます。水底はもっと暗い色で塗っておくべきでした。




ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。
ウォーターには塗料を混ぜて着色する方も多いようです。
すみません、詳しくは私にもまだ判らないのですが・・・
とと
2009/03/14 00:47
とと様 こんにちは

リアリスティック・ウォーターが着色できるのですか!
ぜひ試してみたいと思います。

でも、着色できても収縮の問題があるので使いにくいことには変わりないですね。
手軽さは言うことないのですが・・・・

本当は場所によって使い分けるようにするのがいいのではないでしょうか。
まだそのノウハウがないので具体的には何とも言えませんが。
初瀬春日@管理者
2009/03/14 12:22

コメントする help

ニックネーム
本 文
レイアウトセクションの制作(30):川に水を流す(4) がたごと列車ブログ・線路端の雑記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる