がたごと列車ブログ・線路端の雑記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS レイアウトセクションの制作(44):完成

<<   作成日時 : 2009/04/19 19:54   >>

トラックバック 0 / コメント 9

やっとセクションが完成しました。
題して「田植えの里」。
構想開始から3ヶ月、最初の1ヶ月は倉庫とバス停を作り、台枠に着手してから2ヶ月で完成に持ち込めました。
画像




最後の仕上げに追加した主な部分は、次の通りです。



画像

大きな木を植えました。
また、写真の端に写っていますが、踏切の防護柵(エコーパーツ)を付けました。



画像

切り通し部分は木が茂った状態にしました。
3色のファイン・リーフ・フォーリッジを用いました。
ここは里山の入り口という想定です。



画像

バス停の標識を取り付けました。
このような細かいパーツは全て地面に少し埋めるようにして接着してあり、取れにくいようにしてあります。


さて、ぜひやりたかった、屋外での撮影を行いました。
バックに水田が見える近所の空き地にセクションを持ち出しての撮影です。
ちょうど実物も田植えの時期で、風景に矛盾が出ませんでした。
架線柱を立てて電化地鉄、架線柱を立てずに非電化地鉄、ハエタタキを立てて国鉄ローカル線と、3通りに楽しめます。



画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


太陽光で撮影するときれいに色が出て、影の感じも当然ですが自然な感じで、非常に満足しています。
撮影時はカメラのアングルを工夫して、風景が自然につながって見えるように撮りました。
実際には試行錯誤で、ここにお出しした写真の10倍の失敗例があります。
デジカメのありがたさで、結果がすぐに確認できるので何とか2時間ほどで撮り終えました。

さあ、次はこれにつなげて走れるようなセクションを作らなければ。
まだまだ先は長いです。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

追加

今回のセクションとは全然関係ありませんが、資料として旧街道の写真です。
旧東海道金谷坂。
昔の状態のとおり整備し、保存されています。
(古いプリントからのスキャンなので多少見づらいです)
画像




にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(9件)

内 容 ニックネーム/日時
すばらしい完成度だと思います。おめでとうございます。
写真もどれも比べ難いですが、キハ05とダイハツのオート三輪が写っている一枚に痺れました。再現したかったものが強く伝わってきます。田んぼに映るダイハツが最高。また、バックの納屋と里山入り口が奥行を感じさせます。
車両と木立の間にちらりと見える農夫など、バックの実景で作業中の人が写り込んだのかと思いました。こういった小さなアクセントは、あまり正面に据えない方が実感的になるものだと勉強になりました。
最後の2枚も非常に参考になります。架線柱とハエタタキを付け替えられる効果は目を見張るものがありますね。この付け替えだけでどんな路線かが表現でき、はずせば一気に数十年も昔に還った感じになります。これは是非いつか真似をさせていただき対と思います。
とにかくすばらしい!本当に、いつだったかこの風景を見たような懐かしさに包まれます。
私もこんな作品を作ってみたいものです。最近、倦怠期(?)に入りつつあったのですが、この刺激で目が覚めました。
最大限の賛辞を送らせていただくとともに、これにつながる新モジュールに期待いたします。
genchichi
2009/04/19 21:39
500字超のため…

追伸 旧街道の写真、ありがとうございました。とても参考になりました。
昔の幹線って意外に狭かったんですね。
ただ、狭くても整備のされ方に由緒正しい威厳を感じます。やはり私のモジュールの砂利道は街道ではなくただの田んぼ道なのだろうという気がします。
genchichi
2009/04/19 21:40
こんばんは、ごぶさたしておりました。

完成おめでとうございます!すばらしい出来栄え!全体の実感度の高さははもちろんのこと、特に水鏡が美しいです。田植えを途中であえて止められて、水面に列車やストラクチャーを映したことが、全体を引き立てていますよね。田植え中の農夫もよくできています。
やはり写真も撮られる方なので、風景の組み立て方が写真的なんだなぁと思います。走らせて良し、車輌を置いて眺めるも撮影するも良し(短編成向きなのは管理者さんの作風通り)ですね。
それと、今回の写真にはあまり写っていませんが、農業倉庫の小物、あのごちゃごちゃとした感じが、それらしくできるというのはセンスが求められるところで、そこをうまくこなせているのは羨ましい限りです。
細かい技法についても、非常に参考になりました。是非盗ませてください。わたしもいつかレイアウトが作ってみたいと、用地確保にだけは動いておりますので..そもそも工作自体滞っておりますが(^^;
ともかく近々近況報告できるようにしておきます。
katechin3
2009/04/19 23:37
こんばんは。
とにかく素晴らしいですね!!
太陽の下ってのもみごとですが細かいストラクチャや製作手法が的を得ていたのではないでしょうか!
十分レイアウトコンペ参加レベルだと思います。
是非!
とと
2009/04/20 00:12
genchichi様
過分なおほめの言葉いただき、どうもありがとうございます。
試行錯誤もありましたが、何とか形になったのは、細かい技法よりも実物の観察ではないかと思います。
技法は本当に初めてで、genchichi様はじめ、いろんなサイトを参考にさせて頂きました。

レイアウトの夢は10年以上前から持っていて、資料写真だけは膨大な数になります。
それをいつも見ていたのが良かったのではないかと思います。
あと、ほとんどやり直しがなかったのもラッキーでした。
これは、着手前に段ボールなどで時間をかけてシュミレーションしたのが良かったと思います。
これまで車輛工作ではいきなり手を付けて何度も痛い目にあっていますので、最近ではまず眺めながら考えるのが習慣になりました。
時間はかかりますが、結果的には失敗することが少ないようです。
経験というほど偉そうなものではないのですが、失敗から学習したというところです。

しかし、モチベーションをずっと持ち続けられたのは他のサイトを見て刺激を受けたのが大きいです。
この場をお借りしてお礼申し上げたいと思います。
初瀬春日@管理者
2009/04/20 08:30
katechin3様
お誉めいただき、どうもありがとうございます。

見抜かれちゃったみたいですが、この世界には写真から入ったので、どうしても写真的な視線が抜けません。
写真の方はいまだに腕がさっぱりで、katechin3様のようなきれいな作品がなかなかできませんが、写真のアングルを探してあぜ道を歩いている時は非常に楽しいです。
この時の体験、土手を登ったとか、溝があったとか、電柱が邪魔だったとか、それを表現したいと思いながら作っていました。

katechin3様は最近写真の方がメインですね。
きれいな北海道の写真をいつも見せて頂いています。
季節がよくなって、ますます写真には好都合ですが、模型も進行させて下さいね。
初瀬春日@管理者
2009/04/20 08:37
とと様 こんにちは
お誉めの言葉ありがとうございます。
太陽光で写真を撮ると本当にきれいに撮れます。
多分、写真では実物よりも良く見えているのだと思います。
バックに実景を持ってくるのも、実際以上に立派に見せる、ある意味ごまかしのテクニックです。
それでもおだてて頂いたので、コンペも考えちゃお〜かな、なんて思ってしまいます。
初瀬春日@管理者
2009/04/20 08:52
おばんです。

煽ったのはいいが、ここまでやるとは!!
根を詰めると鉄重さんみたいに、
頭が薄くなるよーー (?)

口をあんぐりあけて、んーーーー
素晴らしい、拍手 拍手 拍手。

ダマタカ
2009/04/20 21:29
ダマタカ様 こんばんは
お誉めいただいて嬉しいです。

そう言えば、思い出しました。
最初、倉庫を置いた小さなジオラマを作ろうとしていたら、ダマタカ様に「ジオラマではなくレイアウトを作りなさい」とハッパをかけられましたね。

初めてなのに本当に出来るのかしら、と心配しながら、先人達の知恵を拝借して何とか完成にこぎつけました。

今から思えばセクションレイアウトにして本当に良かったと思います。
今後どうなるかはまだ未知数ですが、拡張できる可能性が残っています。

いやー、本当に煽っていただいてよかった。

頭? 根をつめる前からかなり危なくなってきています・・・
悲しいですね。
でもまだ同級生の中ではましな方なので・・・・
初瀬春日@管理者
2009/04/20 22:18

コメントする help

ニックネーム
本 文
レイアウトセクションの制作(44):完成 がたごと列車ブログ・線路端の雑記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる