がたごと列車ブログ・線路端の雑記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS レイアウトセクションの制作(48):撮影現場

<<   作成日時 : 2009/05/03 00:20   >>

トラックバック 0 / コメント 2

室内での撮影はこんな場所でやっています。
小屋裏収納、つまり屋根裏部屋です。
広さはそこそこありますが、高さが低いため、距離を取ろうとすると天井に頭がつかえて苦しくなります。
こんな場所とたいしたことのない機材でも、ある程度の写真が撮れるということで、だれでもできるという見本であります。

画像





にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
これ、ものすごく参考になります!
「たいしたことない機材」とおっしゃいますが、三脚なしで手振れに苦しんでいる身にはうらやましいものがあります。
照明は写っているものだけですか?
genchichi
2009/05/03 05:54
照明はこれだけです。

細かく言うと、天井の暗い蛍光灯と、ホームセンターで買った60Wx2灯の小さな電球だけです。
非常に暗いです。
解説書では500Wの写真電球を使いなさい、と書いてありますが、手に入らないし、熱そうなので使おうと思ったことはありません。

三脚は絶対に必要です。
ある程度しっかりしたものの方がいいです。
カメラを載せているものなど、30年近く使っていますが充分実用になります。
ライトをはさんでいるやつは最近買ったのですが、3000円前後の安物を買ってしまったら、一眼レフを乗せるとぐらついて使い物になりませんでした。
それでライト専用にしました。
初瀬春日@管理者
2009/05/03 09:19

コメントする help

ニックネーム
本 文
レイアウトセクションの制作(48):撮影現場 がたごと列車ブログ・線路端の雑記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる