がたごと列車ブログ・線路端の雑記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS 8620の製作(その3)通電試験

<<   作成日時 : 2009/06/17 22:38   >>

トラックバック 0 / コメント 2

今日は、モーターを取り付けて実際に通電して動かしてみました。

画像

ギヤボックスはモーターブラケットと一体になっています。
これを真鍮片のパーツを組み合わせて組み立てました。



画像

モーターを取り付けて通電しました。
前後方向ともスムースに回転して、この段階はクリアです。



画像

次は、曲線通過試験です。
450Rの上に乗せて動かすと、なんら問題無く前後方向とも通過できました。
ただし、これは外部から通電しているので車輪のショートは全く発生していません。
レールからの給電では先輪のショートがまず問題になります。



画像

真上から見てみると、台枠後端が大きく外側に振られています。
こうなると機炭間でのショートや引っかかりが問題になります。
ここでは先輪に復元バネを付けていませんが、付けると先輪のクリアランスは楽になりますが、その分台枠後端の振れはさらに大きくなります。

国鉄のテンダー機で450Rは無茶な曲線だと思いますが、なんとかKATOの組線路の550Rは通したいものです。

今日は動かして遊んでいたのでこの程度しか進みませんでした。



にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは

快調なペースですね〜

最初、この珊瑚の86はエンジン部分だけで給電できるのかと早とちりしてしまいました。

この方法なら、足回りの組み方テストだけできて、問題点を解決しやすそうですね。

モーションプレートが無い(小さい?)ので、ロッド、バルブギアがなにかよりいっそう機械感が高い気がします。
Por6071
2009/06/17 23:24
Por6071さん こんばんは

以前は最初にロッドを組むのがおっくうで、仕上げ段階でロッド組み、モーター組付け、という手順だったのですが、通電しても動かない!という事態があって調整に困ったものですから、最初にとにかく動かしてしまえ、という感じです。

エンジンだけで動かすには動輪から集電しなければいけませんが、テンダー機は集電ブラシを付ける場所がありません。
どこにつけても横から見えてしまいます。
タンク機なら水タンクの影にうまく隠れるのです。

Por6071さんも立て続けに蒸機に取り組んで、なかなかパワーがありますね。

あなたや、あのダマタカさんのブログに触発されて蒸機に手を付けた、という面も実はあるのですよ。
私の見ているブログで蒸機のプチブームがあるようですね。
初瀬春日@管理者
2009/06/17 23:48

コメントする help

ニックネーム
本 文
8620の製作(その3)通電試験 がたごと列車ブログ・線路端の雑記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる