がたごと列車ブログ・線路端の雑記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS 8620の製作(その19)上回り組み付け

<<   作成日時 : 2009/07/07 01:01   >>

トラックバック 0 / コメント 2

ついに、ボイラーとランボードをを接合しました。
それぞれはゆがみなく組んでいるつもりですが、微妙な誤差がだんだんと蓄積されてきて、大きなパートを組むとその誤差が大きなゆがみとなって現れます。

それをだましだまし、少しずつ修正しながら、また、一部はハンダをはずして付け替えたり、かなり苦労してやっと組み上げました。
やはり最初からもっと仮組を本気でやっておかなければだめですね。
仮組だからと言って、少し隙間があっても無視していたら後になって困ることになります。
蒸機はこれが難しい。
電車だと最初にしっかりした箱ができるので、それ以上大きなゆがみは生じません。

と言うことで、途中写真は全く撮る余裕がありませんでした。
何とか妥協できるレベルになって、下回りと合わせてみました。

画像

前上がりに見えるのはカメラの角度と、イコライザーが入れてないので車高が安定しないためです。



画像

ドロダメが傾いちゃいました。
柔らかいパーツはちょっと力がかかると曲がってしまいます。
また直せばいいだけですが、あまり何度もやってると折れたりするので要注意です。



画像

空気作用管は目立ちすぎず、ある程度の存在感があって一応成功だと思っています。
やはり0.2mmでないとだめですね。
0.25mmでは太いと思います。
0.2mmのリンドウ線を探してこなくては。



画像

キャブ内の、足元は前方から外のキャブの縁のラインに合わせてカーブした床になります。
これは実機通りでなかなかいい感じです。
SキャブならここもSキャブのカーブと同じになります。
(ネットの写真で見ました)

これから、ディテール工作になります。
あまりたくさんディテーリングしないで、あっさりとした仕上がりにしたいと思います。
Por6071さんに見せてもらった写真が役に立つ時が来ました。




にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは〜

遂にその全貌を現した、、って感じですね。
こんなに綺麗に出来てきたら、私だったらもう、眺めてにやけまくりですよ!

仮組を頻繁に、各工程で行うのは大事なんでしょうね。その都度修正できるし、眺めて楽しめるし(笑

キャブ内がまた良い感じですね。
写真がお役に立てると嬉しいです。
Por6071
2009/07/08 01:32
Por6071様 こんにちは

本当に、何とか組み上げたって感じです。
わずかなゆがみを放置しておいたツケが回ってきて、きっちりと合わないんです。
まだ少しゆがみが残っているので、もう少し修正しようと思ってます。

絶対に各工程ごとに確認を何度もやった方がいいです。
初瀬春日@管理者
2009/07/08 08:43

コメントする help

ニックネーム
本 文
8620の製作(その19)上回り組み付け がたごと列車ブログ・線路端の雑記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる