がたごと列車ブログ・線路端の雑記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS 8620の製作(その37)塗装

<<   作成日時 : 2009/08/29 20:19   >>

トラックバック 0 / コメント 2

昨日、ひどいムラの黒染めをお見せしましたが、今日はその上から塗装しました。

ミクロの単位ではムラの部分は表面の状態は違うと思うのですが、手触りでは境目がわかりません。
実際に塗装してみると、塗膜の厚みの誤差の範囲できれいに収まってしまい、ムラが嘘のように無くなってしまいます。



画像

こんな状態で乾燥させています。



画像


画像

アップにしてみました。
まあまあ、きれいな半ツヤに仕上がりました。
車体のツヤは仕上がりの印象を大きく左右するので、いつも気を使います。
これまではくたびれた感じを出そうとツヤを押さえていましたが、棚に並べてあると陰気なので、今回は少しツヤを出しました。
といっても、あまりにピカピカでは、お召し牽引機か保存機関車になってしまい、現役の渋さは出にくいと思います。

煙突の中を塗り残してますね。
明日、煙室部分をツヤ消しに塗るので、その時に一緒に仕上げようと思います。



にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
 おはようございます。

 いよいよですね。半つやの感じもgoodじゃないでしょうか。私は経験が浅いので、車体のツヤに自分の好みの度合いを確立できていません。やはり実験あるのみでしょうか。塗料の調合はやはりテストピースを作ったりされていますか?

 話は若干それますが、私は復活蒸気しか生で見たことが無い世代なのですが、それでもあのテカテカなのは違和感を感じます。手入れが行き届いているということで、まあ仕方の無いことですが...。

 完成、たのしみにしております。
katechin3
2009/08/30 08:14
katechin3様 こんにちは

やっと塗装までこぎつけました。
塗装はいつもぶっつけ本番で、テストピースは面倒なんで使っていません。

最初、フラットベース数滴と適当に加えて、ちょっと吹いてみてあまりツヤがあれば追加はできますが、逆はできないのでフラットベースは少なめから始めています。

実機のテカテカは塗料のテカりなんですね。
実機では全検直後か、お召しでしかあのテカテカはありません。
しばらく使用されていると、ススと油がまとわりついて、それが磨き込まれると特有の金属感のある鈍い光沢になります。
それが何とも言えないんです。

模型の塗装ではその表現はちょっと無理なんですが、エコーのウェザリングブラックを付けて磨くとその感覚に近くなります。
初瀬春日@管理者
2009/08/30 09:22

コメントする help

ニックネーム
本 文
8620の製作(その37)塗装 がたごと列車ブログ・線路端の雑記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる