がたごと列車ブログ・線路端の雑記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS 真岡鐵道撮影記(1)

<<   作成日時 : 2009/11/24 22:00   >>

トラックバック 0 / コメント 3

11月21〜22日に仙台で研修会がありました。
その帰りに、真岡に寄りました。

仙台ではKさんのお宅にお邪魔して、模型工作のノウハウをいろいろ教えてもらってきました。
それはひとまず置いといて・・・

22日は早めに抜け出し、真岡までやってきました。
ロケハンをかねて真岡鐵道全線を乗車して往復、ついでに天矢場で撮影しました。

画像



この天矢場がとんでもない絶景で、小雨混じりの寒い日という天候のせいもありますが、C12は能力めいっぱいの大活躍。何度も空転しながら25パーミルを登る姿は壮絶ですらありました。

コンデジですが動画も撮りました。






小山で一泊し、翌22日はレンタカーを借りて一日中C12を追っかけ回しました。
昨日とはうって変わってピーカンの秋晴れ。
曇るよりはいいですが、気温も上がって煙は迫力がなくなるし、秋の強い斜光線は写真を撮るには難しいし、と、ぜいたくな悩みを感じていました。

自画自賛になりますが、完璧なまでの下調べと、早朝からわざわざ現地を一往復して土地勘を養ったかいあって、追っかけはバッチリと成功です。
しかし、追っかけしていたのは私ともう一人の東京からきた人だけ。
他の人は言葉などから地元民らしく、一箇所に決めたポイントでじっくり撮影していたのが印象的でした。
確かに毎週走っていると、特別な列車でなければわざわざ追っかけなくてもいいですね。
私のポリシーでは追っかけは本来邪道なんですが、もうこんな機会はまずないだろうと思うと、少々後ろめたい気持ちもありながら、追っかけしてしまいました。


画像

寺内ー真岡間の八木岡地区を快走する列車。
少しだけ見える銀杏の黄色と、その後ろの葉を落とした大きな木がが良いアクセントになりました。





画像

西田井発車。
快晴です。



画像

難所の天矢場を登る。



画像


上の写真の場所から手前に来ると景色が開け、日が当たります。
同じ位置からレンズの長さを変えて全く違うカットが撮れました。
ズームレンズのおかげです。
実は、上の写真を撮った後すぐにカメラを縦位置から横位置に持ち替え、さらに露出を2絞り分変えています。
速度の遅い列車だからこそできる芸当ですが、蒸機の前にやってくる気動車で何度か練習し、本番では成功しました。
ファンサービスでドレインを出してくれています。迫力は出ますがちょっと場違いです。





画像

七井発車。
勢いよくドレインを吐いて力強い発車です。
これもファンサービスですね。



画像

夕刻せまる久下田で最後の発車シーンを撮りました。
ここもドレインの大サービス。
ヤラセだとか無粋なことは言わず、素直に迫力ある演出を楽しみましょう。



帰りの新幹線では、デジカメのモニターを見ながら一人で喜んでいました。
また訪れたい気持ちがわき起こってきました。
だけど真岡は遠いなあ・・・・

帰路にまた次に来たい感情が起こるのなんて、もう何十年ぶりだと思います。
過度な演出のない、普通のローカル線を行く蒸機列車の魅力は想像以上に素晴らしいものでした。



にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
真岡はとてもロケーションがいいですね!
やっぱりSLは非電化路線を走らなきゃ魅力ないですね。

近くでは大井川や北びわこ号もありますが、電化区間をはしるのでなかなか撮影意欲が沸かないですからね。

機会作っていきたいなあ。
問題は旅費です

2009/11/25 08:09
遠出して、研修なのか??
     撮影旅行なのか

機関車が、煙を吐いて、
     蒸気を放出して
     カッコ良いなーー

随分と、楽しまれた様子
写真で伝わってきます。

モニターを見て、余韻を
幸せーー 良かったですね
ダマタカ
2009/11/25 11:10
K様、ダマタカ様 コメントありがとうございます。
真岡は想像以上に良かったです。
やはり架線が無いということは大きいですね!

一応メインは研修でした。
でも、研修会の準備は資料数枚だけで、真岡の下調べ資料はネットで集めた地図やら撮影ポイントの解説やら、分厚いファイルになっていました。
服装もスーツではなく、フィールドに出れる服装で。

時間的には1泊すればゆったり行けることがわかりました。
でもやっぱり旅費はかかりますね。
今回は仙台の帰りに寄ったので余分な出費は少しでしたが。

大井川や北びわこに数回行くよりも真岡1回の方が満足度は高いと思います。

ああ、また行きたくなってきた。
初瀬春日@管理者
2009/11/25 12:11

コメントする help

ニックネーム
本 文
真岡鐵道撮影記(1) がたごと列車ブログ・線路端の雑記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる