がたごと列車ブログ・線路端の雑記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS 古典蒸機500の制作(29):シリンダーブロック

<<   作成日時 : 2010/03/22 01:16   >>

トラックバック 0 / コメント 5

1週間ほど更新が滞ってしまいました。
風邪でしんどかったり、忙しかったり、いろんなことが重なってしまいました。

さて、工作の方はいよいよ最終段階です。

画像

まず、0.1mmリンドウ板でこんな物を作って、
画像

シリンダー上部のカバーとしました。
ここは写真を何枚見てもどうなっているのかはっきりしません。
カバーにボルトがあるのは確かなんですが、カバーの下辺がシリンダーと一体化しているかのように見え、どこまでカバーがあるのかさっぱりわかりません。
そこでごまかしながら何となくそんな雰囲気が出るように、薄板でカバーを作り、シリンダーとの段差がなるべく少なくなるようにしました。
0.1mmとなると、まともに切ったりヤスリがけができないので、まず0.3mmの板にハンダ付けしてから0.3mm板と共にサイズを仕上げ、最後に剥がしてペーパーで磨きました。



画像

次はシリンダー前蓋ですが、それを作るのにこんな機械を買ってしまいました。
ミーリングアタッチメントと割り出し器です。
実はこれが入荷するのを待っていて作業が止まっていたという事情もあります。


画像

割り出し器を使うと簡単に非常に正確な作業ができます。



画像

割り出し器を使って、前蓋のボルト孔を開けているところです。
(ここではセンタードリルでのマーキングだけで、後でボール盤で孔を貫通させます。)



画像

仕上がったシリンダー前蓋です。
中心の突起は1.2mm径、円周のボルトは0.4mm径です。
写真右のような形で加工し、最後に切断して短くします。



画像

前蓋を付けました。
キットのパーツはエッチングであまりにも貧弱だったので自作しました。
市販の物もありますが、サイズが合わなかったです。



画像

ドレンコックは、まず六角ユニオンを底部に付け、



画像

それに割ピンで帯板を付けて作りました。



画像

これは大失敗です。
ごつくなりすぎました。
もう作り直す気力がないのでこのままにします。
もっと小振りにするべきでした。



画像

最後に、排障器をつけ、取り付けボルトを0.3mmで表現しておきました。

これで一応、すべての作業が終了しました。
明日はゆっくりと組み立ててみたいと思います。




にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
ついにフライス盤導入〜ですか!!
初瀬さんは、
何処まで羽ばたいて行くのだろう〜

見事な出来映え、
フライス盤加工ならではの作品、
1味も2味も、違って見えます。
皆が、欲しがる最上級の工作機械を
手に入れたんですねーー

羨ましい・・・ 限りです。
ダマタカ
2010/03/22 09:59
おはようございます。

さっきコメント入れたのですが、蹴られちゃったので再送します。

スーパーディティールでも、見ていて「ふーん」ぐらいしか感想がない作例もありますが、イメージをしっかり持って作られている初瀬さんの工作は、驚くと共に見ていて凄く楽しいです。

ドレンコックは近づくとごついかもしれませんが、走らせて見る視線だとちょうどいいのでは?

それよりもガッチリしているほうがいいんじゃないかと思います。ロストのドレンコック、よく曲げてしまう私としては。。。
Por6071
2010/03/22 11:39
ダマタカ様、Por6071様
いつもコメントありがとうございます。

フライス盤は、専用機ではなく旋盤のアタッチメントなので、少し安く買えました。
本当のフライス盤の方がいいのでしょうが、今のところ小さなパーツを作るぐらいしか用途がなく、置く場所もないのでアタッチメントにしました。
機械加工は明らかに手作業よりも効率よくきれいに仕上がるので嬉しくなってきます。

ドレンコックは全体を組んでみてどうなるか見てみたいと思います。
ロスト製は確かによく曲がりますね。
あれを真っ直ぐ付けるのは相当難しいと思います。

本当は、ロストの大げささを避けて自作したつもりがごつくなってしまい、ちょっと悔やんでいます。
初瀬春日@管理者
2010/03/22 14:03
おばんでした、 やっかみです。

当地の、東急ハンズのガラスケース
内に、ディスプレイされていて
何時も指をシャブリながら見ていた
旋盤-フライス盤だったんですね!!

ミーリング機能を持っていたとは
知りませんでした。

これは、高価でも価値がある。
機械屋としては、1番安い旋盤を
買って失敗したと思わされた。

フライス盤は、シリンダーロットの
溝堀り程度にしか利用価値が無い、
分度器機能を見て、ミーリング
機構を兼ね備えている事を知り
再度、コメした次第です。

運良く、友人が本格的な物を持って
いるので、借りる事が出来ます。

もう、元が取れましたね??
ダマタカ
2010/03/22 19:33
ダマタカ様 こんばんは

テーブルを付けてカッターを買えばフライス加工もできます。
でも専用機ほど高性能ではないようです。
まあ、私の使い道はパーツを作るぐらいで、本当の意味の機械加工ではないので、この程度で充分だと思っています。
初瀬春日@管理者
2010/03/22 21:28

コメントする help

ニックネーム
本 文
古典蒸機500の制作(29):シリンダーブロック がたごと列車ブログ・線路端の雑記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる