がたごと列車ブログ・線路端の雑記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS 駅前セクション(11):窓をはめ込む

<<   作成日時 : 2010/06/22 23:58   >>

トラックバック 0 / コメント 4

間仕切りを付けると窓がはめにくくなるので、先に窓をはめ込むことにしました。

画像

まず、床板を取り付けました。
床板は全て畳で隠れてしまうのですが、サイズが合わなくてはみ出るとみっともないので、目立たないような色で塗っておきました。
床の高さは地面から4mm上がっています。



画像

窓をはめ込みました。
窓は上下をゴム系で接着し、乾いてから「木工用ボンドを水で薄めて中性洗剤を加えたもの」、つまりボンドバラスト法に使う溶液をわずかに染みこませておきました。




画像

反対側です。
窓は開けた状態のものを多くし、生活感を出そうと思います。




画像

店先にたたずむおばさん。




画像

裏には縁側に座ってくつろぐ人を設置しようと思います。


写真で見ると窓が傾いちゃっているのがありますね。
接着剤が固まる前に修正しておこうと思います。







にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
屋根瓦は、1枚物の成型品??
棟瓦、鬼瓦も成型品が有るの?

屋根が奇麗にまとまっているから
外壁も、ガラス戸も良く見える!
立派過ぎて、誰も何も言えない
見たいですね〜〜 (笑

属しているクラブでも駅前広場を
作り、商店街を形成させよう〜〜
キット品を分担してまとめようー
最近のペーパーキット簡単そうに
見受けるが????
私は、辞退しました。
ダマタカ
2010/06/24 11:01
ダマタカ様 コメントありがとうございます。

そんなに立派なものじゃありません。
あちこち傾いているし、ゴミは付いているし。

瓦は15cmx5cmぐらいの1枚の板状のプラ製です。
それを適当に切って使いますが、厚みがあるのと、瓦の凸凹で切りにくく、どうしてもギザギザになってしまいます。
それを棟瓦で覆い隠してしまうと綺麗に見えるのです。
パーツには板状の瓦と、長いままの棟瓦と鬼瓦が数個付いています。

建物のペーパーキットはよく出来ていますが、作るのは結構めんどうです。
ケガキ線を印刷した紙と瓦、補強用の角材が入っているだけで、自分で窓を抜き、羽目板は全部2mm幅に自分で切るのです。
うまく設計されているので、綺麗には仕上がります。
初瀬春日@管理者
2010/06/24 23:34
引き戸がガタッガタッと鳴りそうです!
やっぱり自作っていいですね!
エコーのパーツを多用しすぎると、外壁との
違和感を感じることがあります。
こういった作品を拝見しますとバランス
の良さに感心させられます。

建物は古くてもおばさんは綺麗に磨きこんでいるようですね!
高津鉄道クラブ
2010/06/25 18:28
高津鉄道クラブさま こんにちは

引き戸はガタガタいいながら本当に開きそうな雰囲気になることを目指していたので、このように言っていただくと本当に嬉しいです。

まだまだそんなにお誉めいただくような出来映えではありませんが、バランス良くというのは今後も気を付けていきたいと思います。
初瀬春日@管理者
2010/06/26 00:11

コメントする help

ニックネーム
本 文
駅前セクション(11):窓をはめ込む がたごと列車ブログ・線路端の雑記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる