がたごと列車ブログ・線路端の雑記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS 駅前セクション(30):駅舎(5):完成

<<   作成日時 : 2010/09/05 16:38   >>

トラックバック 0 / コメント 2

駅舎の屋根を仕上げ、窓枠を入れて完成させました。

画像

張り出し部分はトタン葺きとして、赤色を塗りました。
ちょっと赤すぎる気もしますが、黒っぽくウェザリングすれば大丈夫でしょう。
窓枠は白く着色して、駅舎っぽい感じを出してみました。

画像


画像


画像


これでセクションに使う予定の4棟が仕上がったので、並べて写真を撮ってみました。

画像

一つ一つ順に作っていったので、それぞれ色調が違っています。
違和感の出ないよう、ウェザリングで色調を揃える必要がありそうです。

これで、やっと本来のレイアウト(配置)の作業に入ることができます。





にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
これでストラクチャーが揃ったということですね。みなそれぞれに個性があって、魅力的な町並みになりそうです。すばらしいです。

エコーの瓦屋根は幅が狭く、一般住宅を作るには問題ないかも知れませんが、ちょっと大き目の建物を作る場合は継ぎ足しが必要になります。

今思ったのですが、もしかして、この駅舎や最初の商店の屋根は上下方向に継いでますか?
全く継ぎ目らしきものは見えないですが…
genchichi
2010/09/06 01:14
genchich様 いつも見て頂いてどうもありがとうございます。

日付を見ると4棟作るのに3ヶ月かかっていました。
1棟には2週間、または1ヶ月かかっています。
これは早いのか遅いのか。
素早くないことだけは確かですね。

一応、目標は来年のコンペだとすると、4月頃までに完成させればいいので、まだ時間はたっぷりあります。

エコーの瓦ですが、この駅舎でも瓦を4列ほど切り取っています。
パーツは意外と大きいです。
足りないときに、継ぐのはどうやってもうまく収まりません。
根性と技術があれば継ぎ目の双方を薄く削って重ね合わせると理論上は可能です。
私ならあきらめてヒルマのパーツを使うと思います。
または、型をとって、コピーを非常に薄く仕上げると継ぐのは楽だと思います。
薄い材料はしっかりした板に貼り付ければいいと思います。
Nサイズで木工用ボンドでコピーを作ったたことがあります。
初瀬春日@管理者
2010/09/06 08:46

コメントする help

ニックネーム
本 文
駅前セクション(30):駅舎(5):完成 がたごと列車ブログ・線路端の雑記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる