がたごと列車ブログ・線路端の雑記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS 古典蒸機1850の製作(18):ブレーキハンドル

<<   作成日時 : 2010/11/23 11:43   >>

トラックバック 0 / コメント 0

キャブが狭いので、最初は省略しようと思っていたブレーキハンドルですが、やっぱり付けることにしました。

市販品はテーパーが強く、ちょっとイメージが違うので自作しました。

画像

本体は旋盤で引き出しました。
ほんのわずかにテーパーを付けてあります。
直径は、一番太い部分で1.3mmほどです。
両端の「ツバ」を削り残すのがちょっと難しかったです。




画像

ハンドルは0.4mm線の中央をつぶして、その部に0.3mmの孔を開けました。
ちょっとセンターからずれているように見えます。
ルーペで見てポンチを打つのですが、ほとんど思ったところに打てません。
何度かやり直して一番いいのを選んだのがこれです。
左右のズレがないので、許容範囲だと思います。

ロッドは、エコーのパイプ(外径0.5、内径0.3)に0.3mm線を通したものです。
ロッドの太さのままではハンドルの孔に通すことができないので、2段構成にしました。





画像

ハンドルを組みました。
このようなT字型のパーツは、イモ付けでは強度が保てないですが、孔に通すことによって結構丈夫になりました。




画像

本体に差し込んで完成です。






画像

キャブ内に取り付けました。
開口部が大きくて内部がよく見えるので、やっぱりブレーキハンドルがあると見栄えがいいです。
これでますます、乗員の労務環境は悪くなりました。





にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
古典蒸機1850の製作(18):ブレーキハンドル がたごと列車ブログ・線路端の雑記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる