がたごと列車ブログ・線路端の雑記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS 駅前セクション(40):地形の完成・着色

<<   作成日時 : 2010/11/26 00:48   >>

トラックバック 0 / コメント 6

取りかかってから一週間ほどかけて、紙粘土による地形の造成作業を終了しました。
画像

雪景色のようです。




画像

着色の前に、地面のザラザラ感を出すため、タミヤの情景テクスチャーペイントという物を使ってみました。




画像

ほぼ全面にテクスチャーペイントを塗布します。
塗料に微粒子が練り込んであり、簡単に粒状感が出ます。
農家の庭を「土ダークアース」、他の部分を「砂ライトサンド」を塗布しました。
土の方が粒子が細かいことを期待したのですが、色が違うだけで全く同じでした。
この塗料は盛り上げることもできますが、厚く塗るとかなりヒケが出るので、大きく盛ることは期待しない方がいいと思います。
わずかな隙間なら埋まってしまいます。




テクスチャーペイントの色はかなり濃くて、そのままでは不自然なので上から塗装します。
画像

画材店で買ったアクリル絵の具を使います。
「アンブリーチドチタニウム」「バーントアンバー」「ローンシェンナ」、写真には入れ忘れましたが、「ダークアンバー」も使いました。
去年買って、少し使った後そのまま缶に入れて放ってありましたが、全く問題無く使えました。




画像

着色し終えたところです。
色使いの目安は、農家の庭を濃い茶色(畑の土のイメージ)、切り通しの斜面など地形の地肌が見えているところを薄い茶色、道路など踏み固められたところを白っぽい色、としてみました。
いずれも色の境目をぼかすように塗ってあります。


ここから、草を植えたり、アクセサリィ小物を置いたりして、どんどん実感実が出てくる楽しい工程に入ります。




にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
着々の制作されてますね。
地面の色彩はベースになるのでしっかりと表現したいですね。
同系統の色を使用されていますね。
同系統の色だけだと調和はしますが、色味に深みがなくなるように思います。
例えば、暗めの色にしたいときには暗め茶色をではなく、暗めの青系の色を重ねたりすると深みが出てきます。
よければ試してみて下さい。
tototo
2010/11/26 23:52
tototoさま
鋭いアドバイスどうもありがとうございます。
塗り重ねると深みが出るというのは、よく聞きますが、いざやろうと思うと具体的な知識がないので、何色をどう使ったらいいのか、全くわかりません。
ミリタリー系の参考書を勉強しないといけませんね。

今回の場合、下地に塗ってないんですが、この上から青系を重ねてもいいんでしょうか?
青系といっても、いろいろありますが、どんな青がいいんでしょうか?
もしコメントをごらんになっていたら、もう一度アドバイスいただけませんでしょうか。
初瀬春日@管理者
2010/11/27 08:24
すいません、余計な事を書き込んだかもしれません。

暗い青系色はですが、私は「プルシアンブルー」「鉄紺色(Black Blue)」あたりの色を使っています。
使用画材はともにターナーのアクリルガッシュです。
薄く溶かれたもの(ほぼ色水)を、調子を見ながら茶系色上から重ねられても大丈夫だと思いまます。
風景関連の彩色は一度に塗らず、薄く溶いたガッシュ(色水)を何度も重ねて色味をつくっています。
(⇦時間がかかる要因)
ここからは我流ですが、
暗い色(影部)の表現「黒」を使うとどうしても、色味がなくなってくるので、
アンバー(茶)系にとダークブルー(上記)系を混ぜて暗色にして使っています。
その方が、透明感と深みが出てくるようにと思います。
これらは、ジオラマのテクニックというより、絵画(透明水彩など)の手法に近いかもしれません。(そっちの方が馴染みがあるので)
水彩画の技法書なんかも役に立つかもしれません。
案外、ジオラマ/模型にこだわらない方が表現に幅が出るかもしれませんね。

お役たてるなら、なんなりと聞いてください。
当方のブログからメール欄がありますので書き込んで頂いて結構です。
tototo
2010/11/27 22:26
tototoさま

すいませんなんて、とんでもない。
未知の分野のことを聞くのは、なんだかワクワクします。

なるほど、本格的な絵画の技法だったんですね。
簡単にマスターできるとはとても思えませんが、うわべだけでも真似してみたいと思います。
初瀬春日@管理者
2010/11/28 09:21
久しぶりにおジャマします。
ずいぶん捗ったように見えます。いつもながらさすがですね。

この工程までくると、俄然、雰囲気・やる気が高まってきますよね。うらやましい限りです。

私の方は、恥ずかしながらほぼドロップアウト気味です。
この状態まで仕上げてくれるサービスなんて、どこかにないものでしょうか…

それにしても、側面の化粧板ですが、とてもきれいですね。作品の見栄えに大きく影響すると思います。
側面の処理は私の課題なので、参考にさせていただきます。
genchichi
2010/12/01 00:23
genchichiさま コメントありがとうございます。

調子がいいように書いてますが、実際は修正しつつ、かなりのスローペースです。
先日もポイントの養生をいい加減にしていたらボンド溶液で固まってしまい(浸透力がかなり強いです)、何とか回復しましたが、動きが渋くなってしまいました。

今は、バラストを試しにまいたら地面と色調が全然合わず、色合わせをどうするか考え中で作業がストップしています。

側板はスプレー塗装したプラ板を貼ってあるだけです。
きれいですが、プラ板の厚みが気になります。
本当はちゃんと台枠を目止めしてニスか塗装仕上げにしたいのですが、面倒でやってません。
初瀬春日@管理者
2010/12/01 08:39

コメントする help

ニックネーム
本 文
駅前セクション(40):地形の完成・着色 がたごと列車ブログ・線路端の雑記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる