がたごと列車ブログ・線路端の雑記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS 駅前セクション(38):踏切渡り板、貨物ホーム

<<   作成日時 : 2010/11/13 16:38   >>

トラックバック 0 / コメント 2

踏切の渡り板をバルサで作ります。
画像

スジ掘りしたバルサにボルトを植えます。
バルサはアクリル塗料のスモークを染みこませて着色しました。
ボルトは0.5mm線を用い、あらかじめ短く切ってから、黒染めしておきました。




画像

駅の構内踏切に設置しました。




画像

奧の山道に向かう踏切にも設置しました。




そろそろホームを固定しなければいけません。
そのため、ホーム高さを再確認しました。

画像

ホームの下に1〜3mmの板を置いてみて、最終的に決定しました。
実測するとレール上面からホーム上面までの高さは8mm、80倍すると640mmです。
国鉄の汽車線用ホームが760mmですので、ちょうど狙い取りの高さになりました。




画像

蒸機を置いても動輪がのぞき込める高さです。
ここに用いた3体のフィギアですが、プライザー(1/87)の男性、エコーの女性(1/80)、ガレージメーカーのKT工房の買物女性(1/80)です。
素直な感想として縮尺の違いは全くといっていいほどわかりません。
1/87のプライザーが一番背が高いです。
よく見るとちょっと頭部が小さい気もしますが、違和感はありません。
ただ、メーカーによって人形のニュアンスが全く違うので、同じ場所で混在させない方がいいと思いました。





画像

旅客ホームと貨物ホームを固定しました。
貨物ホームは、もう使用されていない設定で、簡素な作りで端の方が崩れかかっているようにします。

もう少しで地形形成に入れます。





にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
踏切を作る時、単調なので
何かアクセントが欲しいですね。

ボルトを、黒染めしてまで
埋め込むとは、さすが!!
思い浮かばなかったです。

レールを曲げてガイドを作って
見た事あるが、オーバースケー
ルになってしまうし。
夕張さんが、N のレールでした
らとアドバイスくれた。
今度、試して見ます。
ダマタカ
2010/11/17 21:34
ダマタカさま こんばんは

ボルトを植えるだけで、とても良いアクセントになると思います。
真鍮線をそのまま使うと塗装が大変です。
頭だけ光ってみっともないので、塗らないわけにはゆきません。
黒染めだと楽にできます。

簡易的な踏切ということで、ガイドレールは今回は省略しました。
おっしゃるように、もとのレールがオーバースケールなので、小さめのレールを使った方がまとまりがいいです。
同じ高さだと、車輌から低くでっぱっているディテールやKDカプラーのピンなどがひっかかかる恐れもあります。
初瀬春日@管理者
2010/11/17 23:16

コメントする help

ニックネーム
本 文
駅前セクション(38):踏切渡り板、貨物ホーム がたごと列車ブログ・線路端の雑記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる