がたごと列車ブログ・線路端の雑記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS 古典蒸機1850の製作(17):ディテール工作の開始

<<   作成日時 : 2010/11/20 23:35   >>

トラックバック 0 / コメント 2

そろそろディテールを付けてゆきます。
上下分解との兼ね合いとか、狭い部分にパーツが重なるとか、いろいろ考えることが多いので、少しずつ進めてゆきます。

画像

まず安全弁ですが、キットのパーツはこのように分割構造になっています。
せっかくなので、後で安全弁の磨き出しをしなくてもいいように、塗装後に接着するとして、
台座のみ取り付けておきました。

画像

台座はプレスの安っぽい物でしたが、形を整えるように少しヤスったり、裏を薄く仕上げたりして、なんとか見れるようになりました。




画像

エアホースは、後付けの空制機に多く見られる、台座を付けてみました。
エコーのパーツです。非常に細かいロストで、実際に付けてみるとあまり細部は見えなくなりますが、雰囲気はいいです。




画像

エアホースからの配管はむき出しでキャブまで導かれるタイプとします。
ロストのエアホースの後部に0.5mmの穴を開けて配管を差し込みます。
この穴あけは、まともに保持もできず、ずれるとパーツの形を崩してしまうのでヒヤヒヤものですが、プライヤーで強くはさんで保持し、だましだまし開けました。




画像

前部のエアホースを付けました。
要所を割りピンでとめておきました。




画像

後部のエアホースも同じく、台座を付けました(矢印)。
こちらは配管が直接エンドビームを貫いているタイプにしました。




引き続いてボツボツと進めてゆきます。





にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
いよいよ最後の詰めですね。
エアーホースの台座など、細かいところまできちんと工作されていてすばらしいです。
私のほうはちょっと車両工作はおあずけになっています。
ozu
2010/11/21 02:12
OZUさま おはようございます。

これから楽しいディテール作業になります。
付ける順番を間違えて付けられなくなったり、入るはずの場所がわずかに狭すぎたり、そんなヘマをよくやらかしますので、よく考えながらやろうと思っています。

OZUさまのターンテーブルも楽しみですね。
初瀬春日@管理者
2010/11/21 09:31

コメントする help

ニックネーム
本 文
古典蒸機1850の製作(17):ディテール工作の開始 がたごと列車ブログ・線路端の雑記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる