がたごと列車ブログ・線路端の雑記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS 古典蒸機1850の製作(21):エアー冷却管

<<   作成日時 : 2010/12/12 22:55   >>

トラックバック 0 / コメント 4

空制機の外観上の最大のポイントとも言える、エアー冷却管を取り付けました。
それに先立ち、エアー管の下になる配管類を付けておきます。

画像

まず、コンプレッサーからキャブへの配管です。
これには布巻線を使用しました。




画像

次いで、手すりを0.4mmリンドウ線で付けておきます。




画像

エアー冷却管は、S字状にジグザグになる部分を最初に管支えで固定しておき、それから各部分の曲げを行いました。
他の機器などを避けながら、複雑に曲がってゆきます。
車体にあてがいながら、少しずつ、修正しながら曲げてゆきます。
なかなか一発では仕上がりません。




画像

車体への取り付けは、この写真のように管支えに0.3mm線を通して固定します。
裏からハンダを流して、表面ににじみ出るハンダのみで充分固定されます。
表からたくさんハンダを流してしまうと、修正できなくなってしまいます。




画像

エアー冷却管の取り付けを終了しました。
画像


これで空制機の雰囲気が出てきました。
上回りは、あと少しディテールを追加したら終了になります。




にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
いい雰囲気になってきました。
完成までもう少しですね。
ozu
2010/12/13 09:28
ozu様 おはようございます。

あと、配管が2〜3本と、小さなパーツを付ければ上回りは完成です。
下回りではブレーキ装置が残っています。
やっと完成した姿が見えるようになってきました。
初瀬春日@管理者
2010/12/13 11:03
こんばんは
空気配管綺麗に仕上がってますね。
冷却管の支え部分は帯材からの自作ですか?
布巻き管もまっすぐ付いていて,非常に丁寧な工作をされていると思います。
杜の都車輌工場
2010/12/13 22:01
杜の都車輛工場さま
お誉めいただき、ありがとうございます。
でも、冷却管ちょっと傾いちゃいました。
実機では内部の水を流すために少し勾配がつけてあるらしいので、これでいいと思うようにします。

管支えは、さすが鋭い所に目をつけられますね。
これはエコーの空制化パーツセットの中のものです。
自作したこともありますが、このようなシャープなプレスはなかなかできません。
パーツセットの価格が高いのが難点で、たぶんさがせば似たようなものはあると思うのですが、まだ見つけてません。
初瀬春日@管理者
2010/12/14 00:35

コメントする help

ニックネーム
本 文
古典蒸機1850の製作(21):エアー冷却管 がたごと列車ブログ・線路端の雑記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる