がたごと列車ブログ・線路端の雑記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS 駅前セクション(45):駅前商店のディテール

<<   作成日時 : 2011/01/04 01:24   >>

トラックバック 0 / コメント 5

基本部分の完成後、放ってあったストラクチャーのディテール工作を行います。

画像

ヒノキ角材と紙粘土でこんな者を作り、




画像

風呂場の外に設置して、風呂の焚き口とします。
塗装はミディアムグレイ。
焚き口はペーパーで適当に作り、錆び色に塗っておきます。
ちょっと錆び色に見えにくいので、後からウェザリングでごまかします。




画像

波板に孔を開けたヒサシを取り付け、煙突を通します(塗装がまだです)。
屋根にも煙突の通る孔を開けました。
煙突は1.5mmのパイプで、写真が見にくいですが、先端にはドリルレースで作った傘を差し込んであります。
屋根が取り外し式なので、この煙突も差し込んであるだけです。




画像

次は0.4mmと0.5mmのリンドウ線で骨組みを作り、




画像

雑貨屋の店先の差し掛けとします。




画像

ヒサシにはキャンバスを貼りますが、資料写真を見ていると昭和40年ごろでも派手なストライプ模様が多いので、緑と黄色のストライプにしました。
素材はペーパーナプキンです。
丈夫な紙で、塗れても破れたりシワになったりしません。
実は水分が染みこみにくく、塗装には好都合でした。
最初は無謀だと思いましたが、定規をあてて筆で塗ると、にじまずに真っ直ぐな線がひけました。
このペーパーナプキンはレストランでよく見かけるタイプですが、いつも汚れを拭き取るのにうまく染みこまずに、拭き取りにくい思いをしていたのがヒントです。
本来の用途に使いにくいと思うのは私だけでしょうか。




画像

差し掛けを完成させました。
色が鮮やかすぎるので、後でウェザリングしてもっとくすんだ色にしようと思います。





にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
最近、こう言う 心憎い発想が良く、
浮かびますね〜〜??

きっと余裕が持てて来たんですね
意外と先に進みたくて手を抜きたく
なる場所では無いでしょうか!!
好いですねーー

子に従う年に到達しちゃいました
あはは〜〜 一緒にお笑い下さい
ダマタカ
2011/01/04 20:23
ダマタカさま こんにちは

資料写真を見ていると細かいものが目について、もっといろいろ作りたくなってきます。
細かく作りすぎても意味ないし、全体とのバランスを考えながら作ろうと思っています。

今年もよろしくお願いいたします。
初瀬春日@管理者
2011/01/04 22:29
今年もおつき合いをお願いします。

着々と作られていますね。
小物で生活感がでて、生き生きしていますね。
ただ、煙突の取り回しが少し気になります。
トタンの庇はともかく、瓦まで貫通はせず、逃げて設置するように思います(いろいろと大変なので)。
どうでしょうか?

tototo
2011/01/05 14:41
tototoさん
良いとこ、つきますネーー
私のところのアドバイザ〜〜
見たい!!

私も瓦屋根を煙突が貫通するの
何か違和感を感じていました。

初瀬春日さん、どうします??
ダマタカ
2011/01/05 18:36
tototo様、ダマタカ様のおっしゃる通り、この手の煙突は大多数は本屋の屋根を避けて設置されています。
私も最初はその予定でした。

しかし、いざ作ろうとすると煙突の加工が非常に難しいのです。
実物はカーブの部分はじゃばらで曲げられています。
あるいは、直角にパイプを継いで作られます。
この細工ができませんでした。

それでストレートな煙突にしてみると、本体屋根を避けるとあまりにも角度が付きすぎて不自然になるため、屋根を貫通させました。

実は、実例はあります。
http://blog.goo.ne.jp/nonkimono-419/e/69ae3853ace36d0900908247bc523cfa
なんと、「煙突のある風景」というテーマのあるブログです。
世の中にはいろんな事に注目する人がいるもんです。

一つでも実例があればこっちのもの。
フィクションではなくなるので、気分が楽になります。

想像ですが、居住部分ではなく庇の部分ならば、雨漏りを気にする必要がないので、特に後から設置するようなときには躊躇無く孔を開けるのではないかと思っています。

ダマタカ様、北海道の建物は暖房など、最初から煙突を付けることが前提なので、煙突はしっかりと付けられていると思います。
温暖な地方で、後から設置したような物はかなり適当に付けられています。

なので、違和感を感じられるのも当然ですが、煙突加工のメドがたたないので、これで行こうと思っています。
初瀬春日@管理者
2011/01/05 19:16

コメントする help

ニックネーム
本 文
駅前セクション(45):駅前商店のディテール がたごと列車ブログ・線路端の雑記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる