がたごと列車ブログ・線路端の雑記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS 駅前セクション(60):小物アクセサリィ(2):駅舎の周り

<<   作成日時 : 2011/04/09 00:41   >>

トラックバック 0 / コメント 4

前回も書いたが、小物アクセサリイィはエコーのパーツを多用して徐々に増やしている。
それらは塗装して設置するだけなので詳細は省略して、自作したものをご紹介する。

画像

駅舎の周辺のアクセサリィとして転てつテコは欲しい物であった。
これはとても自作できないので、LazyJackのキットである。
例によって非常に繊細なキットで、取り扱いには大変気を使うが、出来上がりは素晴らしい。




画像

レールと波板で簡単な屋根を作ってみた。
レールは細い物がよかろうと、Nゲージの物をいくつか見てみたが、何と16番のコード83よりも太い物がある。
これではNで線路周りがオーバースケールになるのは当然である。
数種類メーカーや仕様の違う物を比べて、一番細い物を使った。
これでも少し太い気がする。
信号テコは床面より下にある円形のプーリーにワイヤーを巻き付けるように引っ張って作動させる。
そのため、床面は少し上げる必要がある。
ホーム上に設置してあるものは、ホームの下部からワイヤーが出ているのが見えるはずである。




画像

塗装した。




画像

改札のラッチは1mmと0.5mmの角材で組み立てた。
こんな物をゆがみなく作るのは非常に難しい。
よく見ると微妙にゆがんでいる。
手作りの味だとか、ローカル線のひなびた風情だとか言い訳をしたくなる。




画像

仮に設置してみた。
信号テコからのびるワイヤーは真っ直ぐにしたかったので秘蔵の0.2mmリンドウ線を用いた。
それでも少したわんでいる。
ワイヤー受けもLazyJackのパーツだが、あまりに小さくて取り扱いが極めて難しい。




画像

もう一つ、木製のチリトリを作った。
材料はNゲージの客車キットの床下器具の余りである。
パーツ裏側の窪みをチリトリの本体として利用し、その形になるまでせっせと削った。
取手は0.5mm角のプラ棒である。
前にあるチリトリの後ろにそれぞれの材料を置いて写真を撮ってみた。
一番左はエコーのパーツである。
こちらは金属製で、駅や機関区には良さそうだが、一般家庭にはちょっと似合わない。
チリトリは最後にどこか良い所に置こうと思う。





にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
信号テコは良い感じですね。
でも、この駅の想定は「交換駅」でしたよね。
そうすると信号は、上下の出発・場内の4本は必要な様にも思います? まあ、実物に拘りすぎるのも良くないですが・・・
実例写真がすぐには出てこないのが辛いところです。あちこちで撮っているはずなのですが。
廣瀬
2011/04/14 02:13
廣瀬さま コメントありがとうございます。

おっしゃるように国鉄の基準ではそうですよね。
まあ、場末のローカル私鉄なので、出発か場内はどちらか省略ということで・・・・
本当は何も考えずに付けたんですが・・・・

4本だと幅が広くなりすぎるかと思ったんです。
最初2本にしようかと思ってたんですが、それでは寂しくて3本にしたというわけです。

資料では栗原電鉄沢辺駅は転てつテコ2本しかありません。場内信号しかないようで、出発は別の信号か、駅員の直接指示だとか、そんなことあり得るんでしょうか?
初瀬春日@管理者
2011/04/14 08:24
場内信号だけ腕木信号(2本だけ)、というのはよく見かけたような気がします。出発は駅員の指示なのだと思います。尾小屋鉄道の金平でも場内信号2本は最後まで有りました。両端の、尾小屋、新小松に有ったかどうか覚えていませんが、無かったように思います。

なお、これらは法律・法令・などで定められているのだと思います。
例えば、昭和27発行の「図解最新保安装置」によると次のように記述されています。
場内信号機は「原則として設ける」とあり、分岐器が有る駅では省略出来る記述は無いです。
一方、出発信号機は「丙線で列車の進路に対向転轍機が無い場合」は設けなくても良い、となっています。すなわち、ポイント2ヶ+貨物側線(背行)なら、省略出来ることになるのだと思います。
地方鉄道建設規定(手持ちのS54改正時点)では、転轍機の項に「停車場における本線の対向転轍機には、鎖錠その他の安全装置をなす事を要す」といったような記述が有ります。鎖錠を場内信号機のてこの部分で行う事で担保するのだと思います(テコの基部にインターロックが入っています)。すなわち、地方鉄道でも交換駅では、場内信号機と鎖錠する装置を内蔵したテコ、が必要なのだと思います。
廣瀬
2011/04/15 01:50
廣瀬さま
詳しい資料ありがとうございました。
出発は省略があり得るということがわかり、理論の裏付けができてちょっと安心しました。
場内は駅員が直接指示することができないので省略できないということでしょうね。

車輌のパイピングと一緒で、知ってて省略するのと知らずにいるのとではその作品に対する自信みたいなものが随分違いますね。

場内だけだとすると2本がよかったのかも・・・
上下どちらかは出発か遠方があることにしておきましょう。
この駅は半分しかないので、残りの半分でつじつまを合わせるということで・・・・
初瀬春日@管理者
2011/04/15 08:26

コメントする help

ニックネーム
本 文
駅前セクション(60):小物アクセサリィ(2):駅舎の周り がたごと列車ブログ・線路端の雑記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる