がたごと列車ブログ・線路端の雑記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS 駅前セクション(61):小物アクセサリィ(3):駅前商店の商品

<<   作成日時 : 2011/04/15 00:53   >>

トラックバック 0 / コメント 2

今回は、小物アクセサリイィの本命とも言える、駅前商店の商品である。
当初、エコーの駄菓子屋パーツを適当に並べようと考えていたのだが、あのパーツはいかにも駄菓子屋に特化したパーツである。それもどうも関東の匂いがする。
別にそのパーツが悪いと言っているのではない。
大変すぐれたパーツだと思うが、三重県の田舎で育った私の記憶とは少し違っているのである。
また、この店は菓子や飲料、日用品などを扱う雑貨屋であるので、純粋な駄菓子屋とは少し異なる。
そこで、手間はかかるがいくつか製作してみた。

画像

飲料を入れる冷蔵庫。
透明プラ板を四角く組んだだけであるが、中に飲料を入れてみた。
コーラとジュースは0.75mm光学繊維の先端をドリルレースで斜めに削っただけ。
下段は牛乳のつもりだが、こちらは0.8mmの丸棒を切っただけである。
どちらも大した手間はかかっていないし、出来映えもそれなりに粗い。
まあ、店内に置くのでこの程度で充分だと思っている。




画像

プラ板で適当に作った陳列棚。
私の生家の裏にあった菓子屋ではこんな棚で饅頭を売っていた。
商品はかなり手抜きしてパン屋の写真をプリントして貼り付けただけ。
この棚は店の奥にあるのでほとんど見えないはずである。




画像

雑誌棚。
これはちょっと真剣に作った。
棚部分は0.3mmプラ板、枠組みは0.4mm線である。
線材をハンダ付けする際には順序をよく考えないと最後にバラバラになってしまう。
幸い、一発で成功した。
雑誌はパソコンでプリントした表紙に厚紙で裏打ちしたもの。
ネットで探して、昭和30年代後半から40年代前半の雑誌の表紙を拝借した。




画像

雑誌を並べてみた。
田舎の雑貨屋ではこのようにして週刊誌を売っているのをよく見かける。





画像

店内のレイアウトはこんな感じ。
アイスクリーム庫や菓子箱にはエコーのパーツを使っている。




画像

商品ではないが、この時代に欠かせない物に映画がある。
映画が大衆娯楽の主力の一つであり、田舎にもたくさんの映画館があった。
私の通学路にも映画館があり、毎日その前のポスターを見て通学しており、怪獣映画が来たら親にねだって連れて行ってもらった。
この駅前広場にも、2カ所に映画ポスター掲示板を設けてみた。




画像

ポスターはいくつかのサイトから拝借した。
これは「ゴジラ」と「嵐を呼ぶ男」。
この時代には絶対外せない映画である。
会社や年代の違う映画のポスターを一緒に貼ることに違和感はないのか?
私の記憶が正しければ、私の町にあった映画館では寅さんもゴジラも大魔神もやっていた。
それも、封切館でないのでかなり時期がずれて上映されていた。
なので、いろんな映画が一緒になっていても私自身は何の違和感も感じない。




画像

こちらは「大怪獣ガメラ」と「昭和残侠伝」。
健さんカッコイイです。
ガメラはちょっとタイトルが読めず、残念である。




商店の全体像を撮ってみた。
画像

画像


まあまあ、雑多な物を扱う店が表現できたのではないだろうか。





にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
感性豊かな表現力を
実行に移す所がスゴイ!!

プリントする急所を捉まえた
みたいで、いとも簡単に、
自由自在て感じですね〜〜

皆良いけど、映画の看板まで・・
ダマタカ
2011/04/15 14:51
ダマタカ様 コメントありがとうございます。

パソコンでプリントするようになってから、細かい図柄をうまく利用できるようになりました。
置くだけで賑やかになります。
初瀬春日@管理者
2011/04/15 18:32

コメントする help

ニックネーム
本 文
駅前セクション(61):小物アクセサリィ(3):駅前商店の商品 がたごと列車ブログ・線路端の雑記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる