がたごと列車ブログ・線路端の雑記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS 駅前セクション(66):写真撮影

<<   作成日時 : 2011/05/05 08:29   >>

トラックバック 0 / コメント 8

最後の仕上げをし、背景板を作って撮影をした。
背景画は市販品を用い、補強したベニヤに貼り付けた。
背景画に印刷されていた建物で目立ちすぎる部分は緑のラッカーを吹き付けて消してしまった。
少し緑が濃すぎた反省はある。

画像

こんな雰囲気で完成した。
何とかTMSコンペの締め切りに間に合いそうである。





画像

前作のセクションとは風景のつながりができるように製作した。
ただ、使用したレールのコードが違い、全く接続を考慮していなかったので通して運転はできない。




画像

今回の撮影の小道具として、無蓋車を急いで作った。
異例の速さで、一日で塗装まで済んでしまった。
珊瑚の古典的無蓋車キットを組んだものである。
足ブレーキレバーと簡単なロッド、手すりを追加して地方私鉄風に仕上げた。
私にしては強めのウェザリングをかけてみた。
積載量などの数字はデタラメである。


丸一日かけて数十枚の写真を撮った。
全容は、コンペ終了以後に公表したいと思いますので恐れ入りますがご容赦下さい。





にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
すばらしいです。
車輌もレイアウトも丁寧に作られていて脱帽です。
私は車輌で手一杯でモジュールもちっとも進みません。
ozu
2011/05/05 11:05
こんばんは
セクションも素晴らしいですが,無蓋車を1日で製作できる技術が羨ましいです。
当車輌工場だと,最短でも2週間コースです。
杜の都車輌工場
2011/05/05 19:51
OZU様 お誉めいただき、光栄です。
金属加工ではなかなかOZU様のようなきっちりした作業はできないのですが、レイアウトなら1mmぐらいの誤差は許されるので、気楽です。
技術的なことより資料集めの方が重要だと気づきました。
なるべく実物と矛盾のないように作るのが難しく、また面白い点でもあります。

杜の都車輌工場さま:
今回は締め切りに間に合わせるのに急ピッチで組みました。
たくさんキットを組んできたおかげで、こだわらなければ、うまくまとめることはできるようになりました。
細かく見ると雑な点が多いので、恥ずかしい出来ではあります。
初瀬春日@管理者
2011/05/05 20:37
こんばんは。お疲れさまでした。とても風情がある景色で感銘を受けました。木造の駅舎がとても実感的で、幼少の頃の鉄道風景を思い出しました。再現力が素晴らしく、うらやましい限りです! またちょくちょく拝読させていただきます。
toseibom
2011/05/05 22:38
toseibom 様 コメントありがとうございます。

今回はストラクチャーの製作に力を入れたので、そう言っていただくと非常に嬉しいです。
toseibom のブログも時々拝見していますが、なかなかのこだわりで、完成が楽しみです。
ストラクチャーやシーナリィは表現力というより、いかにしつこく実物を観察するかだと思います。
1枚の写真でも何日も眺めていると何か発見があるものです。
初瀬春日@管理者
2011/05/05 23:55
完成おめでとう御座います!
背景の処理も、手早いです。
いつか現物を拝見したいものです。
当方現在レイアウト修行中です(笑)
廣瀬
2011/05/06 03:10
廣瀬さま コメントありがとうございます。

1年かかりましたが、何とか形になりました。
技巧的なコツはちょっとわかってきましたが、「絵になる写真」を撮るための配置は、まだまだ経験が必要です。
今回も、もうちょっとこっちにあった方が見栄えがいいのに、という場所がいくつもありました。
制作中にはわからないものです。
廣瀬さまのレイアウトはまだ台枠しか公表されていませんが、また進展具合を見せて下さい。
初瀬春日@管理者
2011/05/06 21:31
恥ずかしながら、机上で設計した線路配置では、実物大で検討したところ、立体的にムリがあるのが分かったため計画再検討です(汗;)
やはり初心者は、ストラクチャー制作を先にすべし、との結論に達したため、水面下で進行中です(笑)
廣瀬
2011/05/15 21:30

コメントする help

ニックネーム
本 文
駅前セクション(66):写真撮影 がたごと列車ブログ・線路端の雑記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる