がたごと列車ブログ・線路端の雑記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS 鞆鉄道ARNOLD JUNG(1):台枠

<<   作成日時 : 2012/03/28 23:53   >>

トラックバック 0 / コメント 8

久々の更新、新規記事となります。
私事で忙しかったこと、本業が多忙な時期であること、いつまでも寒いので工作室に行きづらいこと、などなど、いくつかの要因が重なってほとんど工作出来ない状態でした。

また、今回フライスを始めて使用するため、セッティングや工具の調達など、時間を取られることも多かったです。

さて、新しい題材は鞆鉄道4号機、ARNOLD JUNGです。
画像

ドイツからの輸入蒸機で、どことなくKoppelに似ているような気もしますが、よく見ると全然違う面白い機関車です。
これをOナロー、スクラッチで作ろうという魂胆です。

私は詳細な部品図を書いて検討するなどということが出来ず、基本寸法以外は全部現物合わせで作るしか能がないので、とにかく基本となる台枠を作ってみました。

画像

1mm板から製作した台枠です。
これはフライスを使用しての作業の第一号となりました。
DROの数字を見ながら削るのは正確に仕上がって気持ちがいいです。




画像

上部に蓋のようなランボード(床板?正式名称がわかりません)を付けて固定しました。




画像

この蓋はやはりフライス加工で1mm板の両辺を薄く削ってあり、その段差に合わせると位置決めがピッタリと出来るという作戦です。




画像

動輪はエコーの11.5mmを使います。
ロッドは1mm洋白で、ロッドピンの孔開けもフライスを使って、テーブルの送りで軸距の間隔を測り、センタードリルでもみ付けてから孔を開けました。
DROの数字は正確で、一発で回りました。

最初に書いたように設計図で検討するという能力がないので、ギヤボックスや上下の組み付けなど、組みながら考えていくという作業になります。

しばらくはこの工作で楽しめそうです。





にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
DROを採用された方は、異口同音でロッドの穴開けが正確にできるとおっしゃいます。ダイヤルの読みでも同じにできるはずなのですが、数字を見ての作業というのは楽ですね。
とても気分良く仕事ができます。さほど高いものでもないので、たくさんの方が導入されると良いと思います。
dda40x
2012/03/29 06:04
dda40x様 コメントありがとうございます。

理屈ではわかっていても、全く別々に作った台枠とロッドの軸距がぴったりと合ったのは感動的でした。
最初のセッティングさえ気をつければ、後は極端な話、何も考えずに数字だけ見ていればいいというのは新鮮な感覚です。
ダイヤルを目測で読むのはどうしても誤差が出てしまうし、回転数を間違えないようずっと緊張しているのは疲れます。

DROの機材の調達にご協力いただいたdda40x様には感謝です。
初瀬春日@管理者
2012/03/29 08:45
始まりましたね。
Oナローのお仲間が増えるのはうれしい限りです。
ARNOLD JUNGは、コッペルやクラウスと似ているようでまた一風異なった趣があり、私も好きな機関車です。
フライスを使い出すと、ケガキで穴あけしていた頃のロッド合わせはなんだったんだろうと言う気になります。
製作記、楽しみにしています。
ozu
2012/03/29 10:20
ozu様 こんにちは

穴開けやヤスリがけの技術に自信のない自分としては、フライス + DROは本当に有利な道具です。
いろいろと応用できそうです。
初瀬春日@管理者
2012/03/29 14:50
お晩でーす!!
(こちらの方言で、今晩わと 同じ

機関車を 自分なりに作るんですか?
ついに、暴挙に出ましたね〜〜

余計な事は言わないつもりだったん
ですけど、キット品を幾つか組んで
見ると、疑問を感じますよねーー
機械工作を駆使して、頭でイメージ
した物を、形に表す事が出来れば。
違った喜びを得れるかと思います!

出来れば、ナローでは無く HO で
チャレンジして欲しいと思った。

私も好き勝手に色んな「貨車」を
作って見たが、帯に短し襷に長し
的に、まだ 満足な状況には無い。

是非、
前向きにチャレンジして下さい。
ダマタカ
2012/04/02 22:23
ダマタカ様 こんばんは

まあボチボチとやっていきます。
Bタンクにしたのは姿が可愛くて、調整も楽だからです。
普通サイズのBタンクにはあまり好きなのがありません。
ナローなら好ましいのがたくさんあります。
でもHOスケールのナローは小さすぎるので、Oスケールにしました。
Oスケールでも1/80の国鉄のB20とあまり変わらないサイズです
初瀬春日@管理者
2012/04/02 23:12
どうやら初瀬さんはナロー病に罹患したようですね(笑)。自分もDROは意識していましたが、今の所ダイヤルで作ってます。ボケ防止みたいなものです。それはさておき、例の朝マグですが、この際Oナロー用も作ってみようかと妄想しています。多くはKDでしょうけれど、KDと互換性を持たせれば朝マグは面白いと思います。もちろん復元装置も組み込めますして。ご意見を賜りたく書き込みました。
コン
2012/04/05 22:50
コン様 コメントありがとうございます。

ナローは病気になるのがわかっていたので、あえて避けてきたんですが、どうも前回の集会で感染したのが発病したみたいです。

せっかくのナローなので、できればカプラーは朝顔型にしたいですね。
例の朝マグは非常に注目しています。
Oスケールがあれば使ってみたいです。
NSの方向性の問題ですが、実際の鉄道ではターンテーブルかデルタ線がないと車輌の向きは決まっているので、そういう物だと思うとあまり不便は感じないように思います。
初瀬春日@管理者
2012/04/06 00:09

コメントする help

ニックネーム
本 文
鞆鉄道ARNOLD JUNG(1):台枠 がたごと列車ブログ・線路端の雑記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる