がたごと列車ブログ・線路端の雑記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS 鞆鉄道ARNOLD JUNG(9):クロスヘッドとメインロッド

<<   作成日時 : 2012/05/30 22:01   >>

トラックバック 0 / コメント 2

前回から長い間更新がありませんでしたが、牛歩で工作を進めています。

クロスヘッドはどのような構成で作るか、しばらく考え込んでいましたが、一番大事な溝の精度を出そうと、板材の貼り合わせでいくことにしました。
画像

まず1.0mmと0.5mmの洋白板を貼り合わせます。
こうすれば溝の幅と平行性が大きく狂うことはありません。
中央線上に、適当に0.6mm孔を開けておきます。
これでクロスヘッド4つ分になります。




画像

それを裏返してバイスにはさみ、中央部をエンドミルで削り取ります。



画像

もう一枚の0.5mmを裏に貼り、基本部分ができました。




画像

それを切断し、飾りの丸板(旋盤で切削してスライスした物)を貼りました。
上の写真では4個分の材料だったのにここでは5個に増えています。
孔開けに失敗してもう一セット作ったからです。
そこでもミスがあり、5個になってしまいました。




画像

前後の窪みは丸ヤスリで根気よく削り込みました。
さっき5個あったのが3個に減ってしまいました。
もう失敗が許されない個数になってしまいました。




画像

裏をえぐったらピストン棒を付けます。
ピストン棒は0.8mm洋白棒です。
基部のスリーブは1.5mm洋白棒から引き出しました。




次はメインロッドです。
画像

孔を開けてから捨て板(1mm真鍮板)にハンダ付けしてフライスで形を削り出します。
材料は1.2mm洋白板です。




画像

捨て板に付けたまま縦にくわえ直し、ロッド本体部分を厚み1.0mmまで削ります。




画像

ハンダをはがし、油壺の蓋とコッターを付けました。
油壺の蓋は1mm洋白棒から引き出した物で、取付脚は0.5mmまで削ることができました。
コッターは0.5mm洋白棒を差し込んだだけです。




クロスヘッドとメインロッドの組付は少し凝ってみました。
画像

まず、1.2mm厚の洋白板から大まかに八角形ぐらいに切り出した小片に2mm棒でシャンクを付けます。
シャンクと洋白片は芯を合わせて0.6mm棒で貫通させてあります。




画像

径1.5mmまで削ったら、フライステーブル上で割出器にくわえて、フライス作業で六角に辺を削りました。




画像

外径1.5mm、孔径0.6mm、厚み0.6mmの六角ナットの出来上がりです。
少し削り残してワッシャ表現も付けてみました。
1.5mm棒から削ると簡単なんですが、最初に中心に孔を開けるのが難しくてずれてしまうので、こんな面倒な方法をとりました。



画像

組付は通常とは逆に、まず先端をつぶした0.6mm洋白棒を裏から差し込み、ここに先ほどの六角ナットをはめて、ハンダで固定しました。




画像

クロスヘッドとメインロッドの完成です。
(スライドバーはまだ仮のものです)



画像


次はバブルギヤにいきましょうかね。
ワルシャート式なので面倒そうです。





にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
恐れ入りました!!
加工手順といい、素晴らしいです。
現在停滞中の芦別バグナルに応用させていただきます。
実はメインロッドの工法に悩んでいてストップしていたのです。
これで再開できそうです。
ozu
2012/05/31 10:36
OZU様に誉めていただくと光栄です。
工作が遅くなったのは工作手順をずっと考えていたからでした。
写真みながらあーでもない、こーでもないと、数日悩んでいたこともありました。
初瀬春日@管理者
2012/05/31 15:11

コメントする help

ニックネーム
本 文
鞆鉄道ARNOLD JUNG(9):クロスヘッドとメインロッド がたごと列車ブログ・線路端の雑記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる