がたごと列車ブログ・線路端の雑記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS 鞆鉄道ARNOLD JUNG(11):リターンクランクから加減リンクまで

<<   作成日時 : 2012/07/01 21:33   >>

トラックバック 0 / コメント 0

ワルシャート式の大きな魅力の一つ、エキセントリックロッド周りです。
実は、ラジアスロッドを可動にできないかしばらく検討していました。
バルブスピンドルガイドの強度が確保できないこと、加減リンクの取付方法に妙案が出なかったこと、そして、最大の理由として工作精度がなければうまく作動しないだろう、ということから断念しました。
ラジアスロッドを中立位固定とすればバルブスピンドルとラジアスロッドはダミーでよいことになり、可動させる精度が要求されないので気が楽です。

まずはリターンクランクです。
画像

1mm厚の洋白板を大まかな形に切り出し、2mm棒にネジ止めして棒をガイドに一端のRを仕上げます。
もう一方の孔は径0.6mm、孔間距離は2.5mmとしました。




画像

適当なシャンクに0.6mm線を通してハンダで固定し、0.6mm線の周囲を残して、他を厚み0.5mmまで切削します。




画像

ハンダを外して外径を整えたら出来上がり。




加減リンクの形は円弧になっています。
画像

円弧のケガキを正確にするためにコンパスで書いた円周上にいくつかのパーツをまとめてケガいて切り出しました。材料は0.4mm洋白です。
孔は正確にあけるよう努力しますが、外径はかなり適当です。




画像

切り出したら孔とケガキ線を頼りに外径を整えます。
孔は最初は少し小さめに開けておき、2枚をハンダで固定して同時にヤスリ仕上げすると共に、孔も正規のサイズにまとめて開けなおします。
こうすれば形と孔位置の揃った一対が出来ます。




画像

対になった2枚を0.5mmのスペーサーをはさんでハンダ付けします。
この時、線材でカシメますが、このカシメにはアドラーズネストのリベットを使ってみました(写真左下)。
この製品は軸系0.3mm、頭径0.6mmで一個ずつ削りだしてある恐ろしいパーツです。
今回はカシメなのでハンダを裏から流しましたが、わずかににじみ出たハンダでリベットの輪郭が不整になってしまいました。
ディテールとして使用する場合はロックタイトなどの接着剤の方がいいと思います。




モーションプレートです。
画像

まず、約3mm角の角材から大まかに切り出します。
「約3mm」というのは、角材が無かったので5mm丸棒からフライスで削りだしたものですが、サイズをちゃんと測ってないので「約」なんです。
直角は一応出ていると思います。




画像

大まかに切り出したモーションプレートは大きめの角材にハンダ付けして、フライスで溝堀りと外径を削り、ヤスリで仕上げます。
加減リンクは1mm棒にネジを切った「段付きイモネジ」で固定します。




今回、最後まで悩みのタネだったのがガイドヨークでした。
本体は板から切り出すだけなんですが、取付方法がなかなか思いつきませんでした。
ガイドヨークは取外しできないと、クロスヘッドを入れることができません。
しかも、ガイドヨークにモーションプレートが付くため、強度も要求されます。
画像

ガイドヨーク取付ベースを作りました。
メタルソーで幅0.5mmの溝を掘ってから、周囲をフライスで仕上げました。
途中で固定方向を変えるために一度バイスから外したので、わずかに傾いてしまいました。
よく見ると溝が斜めになっています。
実用上問題がなさそうなのでこのまま使用します。




画像

ガイドヨークはこのように2本の1.2mmネジで固定しました。
ネジが露出してしまいますが、ランボードや他のパーツの影で見えにくくなることを期待します。
1.0mmネジでは弱く、1.4mmは大きい、ということで1.2mmネジを使いました。
ガイドヨークの材料は0.5mm洋白です。




画像

エキセントリック・ロッドは0.5mm洋白です。
どうも手で削ると形が揃わないですね。




画像

エキセントリック・ロッドの組立は1.5mm洋白棒から削りだしたピンでカシメます。
柄の径は0.6mmです。
これも不揃いですね。ここから形の良い物を選んで使います。




画像

リターンクランク、エキセントリック・ロッド、加減リンクをひとまとめにしました。




画像

モーションプレートはこのようにガイドヨークに直接付きます。
この位置決めにも難渋しました。




画像

何とか出来上がりました。
画像


それでは試運転の

動画

をご覧下さい。
これぐらいスローが効けばまあ満足です。





にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
鞆鉄道ARNOLD JUNG(11):リターンクランクから加減リンクまで がたごと列車ブログ・線路端の雑記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる