がたごと列車ブログ・線路端の雑記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS ボールドウィン1310の製作(12):シリンダーブロックの完成:弁室

<<   作成日時 : 2013/07/24 22:54   >>

トラックバック 0 / コメント 0

シリンダーブロックは基本部分だけ作って可動テストしながら下回りを進めてきましたが、それが一段落して、可動部分とは直接関連のない部分に取りかかります。
今回は弁室です。

画像

いきなり仕上がっています。
写真左側が弁室を構成するパーツ、右が組み上げたものです。
弁室本体は段差を付けた2mm板、蓋は1mm板、それにバルブロッド出入口のディテールとして0.6mm厚を削った留め金具です。これに0.8x0.5パイプを通してバルブロッド出入口とします。




画像

話が前後しますが、弁室本体の段差は写真のようにフライスで削りました。
この後、切り出して外形はヤスリで仕上げました。
いつも通り予備を一つ入れて3個作っています。




画像

シリンダー前蓋も付けて完成です。
組み立ててみました。
バルブロッドは0.4mm線を差し込んでみました。




画像

画像

組み上げてから、何の気なしに押して転がしてみたらなんとカカリがあります。
それも結構しっかりと引っかかります。
それぞれのパーツが出来るたびにしつこいぐらい動きは確認してきただけに、一瞬わけがわからなくなりました。
考えられる部分を全てチェックし、ロッドも外して組み直しても治りません。
しばらく考え込んでしまいました。
よくよく観察してみるとガイドヨークを組み付けた時にだけカカるのです。
これはガイドヨークに違いないとひねくり回してやっと発見できました。
原因は全く予想外の所でした。
ガイドヨーク下部の内側への折り返し部分が長すぎてサイドロッドに引っかかっていたのでした。
ここはまさか引っかからないだろうと思い込んでいたので全く考えに入っていませんでした。
思い込みとは恐ろしいものです。
早速少し削ったら軽やかに転がってほっと胸をなでおろしました。





にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ボールドウィン1310の製作(12):シリンダーブロックの完成:弁室 がたごと列車ブログ・線路端の雑記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる