がたごと列車ブログ・線路端の雑記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS ボールドウィン1310の製作(19):ドーム ver.1

<<   作成日時 : 2013/10/14 23:38   >>

トラックバック 0 / コメント 0

次の大物パーツはドームです。
ドームの形状はロコの印象を大きく左右するので最も難しいパーツの一つです。

その前に、イコライザーをちょっと変更しました。
画像

イコライザーは丸孔をピンでとめる方式でしたが、U字方の切れ込みを入れて下から差し込む方式に変更しました。
弱くならないよう、切れ込み部は大げさなぐらい幅広く作りました。
段付きピンは径1.5mm洋白棒からの切削です。




画像

ピンは台枠にハンダで固定しました。
これでピンを固定する方法に悩まなくて済みます。




本題のドームです。
まずサンドドームを作りました。
画像

底部にとめネジ(2mm)を切りますが、あらかじめヤトイの入る径3mmの孔を深さ4mmほど掘っておきます。



画像

底部はフライカッターでボイラー径に合わせて切り欠きます。




画像

ヤトイの製作です。
適当な丸棒の先端を径3mmに仕上げ、2mmネジをねじ込んで頭をカットします。




画像

そこに先ほどのドーム材料を固定すればちゃんと心が出て加工できます。
まず底部の外径と本体の外径・高さを仕上げます。




画像

次は裾部のカーブを削ります。
これは手バイト法で行いました。




画像

本体にちょっと段があるのでそれを表現します。




画像

最後に頭部のカーブを手バイトで仕上げれば出来上がり。




画像

サンドドームの蓋も手バイトで切削します。




画像

差し込み用の足を削り残しますが、径1mmで仕上げます。
ノギスの先端が入らなくて計れないのでなので、写真のようなゲージを作ってサイズを合わせます。




画像

スチームドームも同じ方法でサイズを1.2倍にして作りました。




きれいに出来たんですが、どうも写真と印象が違います。
おそらく高さと頭のカーブだと思うのですが、まだ具体的にどこが違うのか発見できないでいます。
この方法で出来ることがわかったので、これをver.1として作り直そうと思っています。
まず写真との相違点を見つけなくては。





にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ボールドウィン1310の製作(19):ドーム ver.1 がたごと列車ブログ・線路端の雑記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる