がたごと列車ブログ・線路端の雑記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS ボールドウィン1310の製作(23):バルブロッド可動機構

<<   作成日時 : 2013/11/10 23:18   >>

トラックバック 0 / コメント 5

小さいロコなのでバルブロッドは可動させない予定でした。
ところが先日のクラブの集会でバルブロッドが動くロコを見せてもらって感動し、自分でもやってみたくなってしまいました。

ちなみに見せていただいた作品はこちら。私のものとは比較にならない緻密な素晴らしい作品です。

作者のN氏にメカを教えてもらいました。

画像

まずはバルブロッドの動きを取り出す偏心カムからです。
狭い場所に設置するため、厚さは1.7mmで極力誤差を無くしたい所です。
適当な丸棒の先端に洋白板を貼り付け、旋盤で加工することにしました。
洋白材は厚いものがなかったので1.0mmを2枚ロウ付けで貼り合わせてあります。




画像

径を3.5mmに切削します。
柄になっている部分も同じ径に削っておき、後で他のパーツと合わせるときの治具に使用します。




画像

柄から剥がし、センターより0.5mm偏心させて動軸径の2.4mmの孔を開けました。




画像

次はカムをはめるリンク部です。
カムと同径(実際にはほんのわずかに大きい径)の半円と前後のネジ止め部を曲げて製作します。
フリーハンドではとてもうまく曲がらないので、このような治具を作りました。
適当な厚板に半分に削った円筒をハンダでとめたものです。
円筒のサイズはカムの径(3.5mm)よりわずかに大きくしました。
少し誤差はありますが3.6mm弱だと思います。
帯板の材料は0.5mm厚洋白板で、幅1.7mmになっています。
片方を直角に曲げてからハンドバイスでギリギリの場所にはさみ、硬い物(ヤスリの柄を使用)で少しずつ曲げてゆき、最後はヤットコでぐっと押し込むときれいに曲がりました。




画像

各パーツの写真を撮り忘れたのでもう仕上がっています。
1mmネジで上下に二分されます。
ネジ孔部は0.5mm板で裏打ちして補強しています。




画像

バルブロッドの軸受けです。
0.5mm板にパイプを付けただけのものです。
台枠に付けた取付台にネジ止めしますが、回転しないよう、段差を付けて台枠に押し当てるようにしました。




画像

下方から1.2mmネジでとめます。




画像

カムを動軸に固定しました。
固定にはロックタイトを使いました。




画像

リンク一式を組み込んだところです。




画像

ギヤボックスを入れるとほとんどクリアランスがありません。
ギヤボックスの一部を削る必要がありました。




動画を撮ってみました。



台枠の内側でロッドが動く様子がよく見えます。
実際のエキセントリックロッドとは形態がちょっと違いますが、台枠の中で動くものがチラチラ見えるのは実に気分の良いものです。
苦労して台枠の穴を開けたかいがありました。





にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
はじめてコメントします。
以前に私は板バネ方式でやりましたが、動きがいまいちなだった(それなりには動いてる)のでこのやり方が確実に可動しそうですね。ちなみに前後の可動範囲は何ミリ位になるでしょうか?
繊細な部分ですが、この後期待してます。
古典機狂四朗
2013/11/11 20:17
小さな動きでも効果絶大、楽しさ倍増ですね。
自分もまねしようかな?
でもD型機では台枠内はまったく見えないですが・・・
ozu
2013/11/11 22:03
バルブギヤー!素晴らしいです。
私も一度やってみたいと思いますが、明治村で実物をピットから見たりしたので、上手く模型化出来るかどうか・・・大変参考になります。
クラーケン
2013/11/11 23:29
古典機狂四朗さま はじめまして
簡単な機構で確実に作動するのでおすすめです。
狭いスペースにいかに収めるかに頭を悩ませますが。
カムの偏心が0.5mmなので前後に0.5mmずつ動くはずです。
内側と外側のアームの長さ比が2.0:2.5なので最終的にバルブロッドは前後に0.625mm動く計算になります。
本当は1mmぐらい動いた方が模型的には面白いのですが、スペースの制約でカムをこれ以上大きくできませんでした。

OZUさま
確かにD型機では中は見えませんね。
でも工作としては楽しいです。
スポークのあいだからチラチラとでも見えればいいですね。
初瀬春日@管理者
2013/11/11 23:39
クラーケンさま こんにちは
クラーケンさまの設計力と工作力を持ってすれば朝飯前じゃないですか?
私は例によって簡易図面と現物合わせなのであちこち削ってつじつまを合わせました。
初瀬春日@管理者
2013/11/11 23:43

コメントする help

ニックネーム
本 文
ボールドウィン1310の製作(23):バルブロッド可動機構 がたごと列車ブログ・線路端の雑記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる