がたごと列車ブログ・線路端の雑記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS DB201の製作(11):ディテール(4):ブレーキシュー・生地完成

<<   作成日時 : 2015/06/04 23:23   >>

トラックバック 0 / コメント 2

また間隔が開きましたが、ようやく生地完成となりました。
最近工作が遅いのは、体調が悪いとか本業が忙しいとかいうような理由ではなく、単に夜の時間が少なくなっているからなんです。
健康のためとか言って嫁が夜の散歩を始め、それに付きあうようになって夜の自由時間が少なくなりました。
夜8時から1時間ほど散歩するだけなんですが、風呂入ったりいろいろしてると工作の時間が取れなくなってしまいます。
工作もしたいんですが我が家では嫁の提案を拒否することは御法度なので・・・

さらにはこんな写真を撮りに行ったりしてしまっています。
画像

ゲンジボタルです。うちから自転車で15分程走ると見られます。
梅雨が終わりに近づくと今度はヘイケボタルがでるそうで、また夜の時間が無くなってしまいそうです。

さて、本題です。

画像

ディテールの最後の懸案はブレーキシューでした。
パーツを自作するのも面倒なのでエコーのロストを使います。
問題はシューの固定方法です。
いろいろ考えたあげく、ブレーキ梁の中央でネジ止めすることにしました。
他の作例や製品の構造とはかなり違っていると思います。
ブレーキ梁は強度が欲しいのでt0.4洋白から切り出しました。
エコーのエッチングパーツも検討しましたが薄いのでやめました。




画像

梁にシューを取り付けます。
ハンダがゆるんでシューが回転してしまうことのないよう、がっちりと固定します。




画像

梁は台枠中央に台座を付けてそこに1mmネジで固定するようにしました。
台座にはピンを立てて回転止めとします。




画像

取り付けました。
取付台座はのぞき込むと見えますが気にしなければいいと思っています。
シュー部分で固定する一般的な方法では固定具がごつくてシューが動輪押さえ板に固着しているように見えるのもあり、それよりは見栄えはいいかなと思っています。
シューは本来ブラブラと動くべきものなので。





画像

0.4mmリンドウ線とエコーのエッチング製「ブレーキ棒セット」にある継手をつかってブレーキロッドを作り、前後の梁を固定しました。
これはディテールというよりも強度を高めるのとブレーキシューの回転対策の意味合いが大きいです。
取付ネジがゆるんでシューが回転するとすぐに動輪に接触してショートしてしまうのを防ぐためです。




画像

簡単に脱着でき、パーツの強度も充分になりました。




画像

最後のディテールパーツである排障器を付けました。
これはムクの台枠にハンダ付けすることになります。
通常の方法ではなかなか難しく、クラブ会員のD氏より頒布された炭素棒ハンダ付け装置が重宝します。
写真の矢印はブレーキ梁を固定する台座です。
台枠が左右分割になるため片方の台枠に付けてあります。




やっと生地完成になりました。
画像

画像

あ、ワイパーを忘れていました。
細い線を使っても結構目立ってしまいそうで付けるかどうか考え中なんです。
実機ではワイパーはあまり目立たないので省略もありかなと思っています。
梅雨になってしまい塗装はまだ先になりそうなのでその間にどうするか考えることとしましょう。






にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
生地完おめでとうございます。
明らかに素組とは違うオーラが出ていますね。
健康第一、自分はほとんど引きこもり状態です。
ozu
2015/06/05 08:58
OZU様、ありがとうございます。
台枠以外はあっさりと仕上げるつもりが時間かかってしまいました。
簡略化したすっきり仕上げという境地にはまだまだほど遠いことを実感しています。
初瀬春日@管理者
2015/06/05 09:19

コメントする help

ニックネーム
本 文
DB201の製作(11):ディテール(4):ブレーキシュー・生地完成 がたごと列車ブログ・線路端の雑記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる