がたごと列車ブログ・線路端の雑記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS 8100キットの製作(9):シリンダーブロック基本部分追加

<<   作成日時 : 2015/10/29 21:28   >>

トラックバック 0 / コメント 0

弁室と前蓋を作りました。

画像

弁室はバルブロッド孔の位置が狂うとまずいので、慎重に孔あけします。
幅を仕上げたt2のサイド中央に径1.0で孔開けしました。
深さは約5mmまでいけました。ドリル刃を折り込みそうでストレスフルな作業です。
孔径は0.8ぐらいでいいのですが、なるべく太い方が折れにくいだろうと1.0で行いました。
バルブ案内の表現も兼ねて1.0x0.8のパイプを差し込む予定です。




画像

切断して外観を仕上げます。
案の定、孔位置が少しずれたものもあり、出来のいいのを選んで使います。




画像

弁室をつけました。
これもピンを打ってあります。
このハンダ付け作業中にせっかくつけたスライドバーが取れてししまいました。
他の主要部分にも熱が回っているはずですがピンを打ってあるおかげで全くズレることはありませんでした。
ブロックのハンダ付けは予想よりも大量の熱が回って被害の出ることが多いので、しつこいぐらい補強しておくのが賢明です。




画像

煙室座をつけました。
煙室座はt1.0をリベットの孔を開けてから曲げました。
孔の位置はなかなか決めにくいので、テストピースで数回やり直して決定しました。




画像

前蓋の材料です。
シリンダー内径に合わせた径4.0のシャンクを削り出しました。
これをコレットにくわえて切削します。
加工はセンターのボルト表現を削り残すのに少々手がかかりますが単純な作業です。




画像

シャンクを短く切断して完成です。




画像

前蓋をつけました。




画像

スライドバーを再度取り付けたら動輪を組み付けて回転をチェックします。
ストレスなく回ってくれたのでこれで主要部分は終了です。
あと弁室蓋、煙室サドルリブなどのディテールパーツがつきますが、これらは低音ハンダで付けようと思っています。





にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
8100キットの製作(9):シリンダーブロック基本部分追加 がたごと列車ブログ・線路端の雑記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる