がたごと列車ブログ・線路端の雑記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS 8100キットの製作(22):ドーム

<<   作成日時 : 2016/04/26 23:44   >>

トラックバック 0 / コメント 5

画像
キットパーツのドーム形状があまりかっこよくないので新製します。
その前に、原型キットから空制機に改造するため、実機にならって煙室を延長します。
t0.3にリベットを打ってから丸めました。
リベットをきれいに出すためt0.3を使いました。ちょっと弱いかなとも思いましたが、主体部分ではないし長さも短いのでなんとか大丈夫そうです。




画像

ドームはまず裾部の外形に仕上げることから始めます。
底部には径4.0の孔とM2.0のネジを切ります。




画像

こんな形状に仕上げます。
4mm孔はドリルで開けた後エンドミルで底を平らにしておきました。




画像

裾部はボイラー直径に合わせてフライカッッターで削ります。




画像

切断して素材ができました。




画像

ここからはヤトイ仕事になります。
ヤトイは4mmに仕上げた円柱部の先端に2mmネジをねじ込んでロックタイトでとめました。
円柱部は現物合わせでドーム底部の孔にピッタリの径に仕上げておきます。




画像

ヤトイにボイラーの素材をねじ込んでフレがないことを確認したら、まず大まかな形に削ります。




画像

次に手バイトで頭頂部のカーブを作り、段差部は滑らかな局面になるよう削ります。
凹部は丸ヤスリを用いたドリルレースも併用します。




画像

最後に胴側面を少し窪ませたら完成です。




画像

サンドドームの蓋は手バイトと通常の旋盤加工で作りました。
ツマミはエコーのハンドレールノブの頭部に0.4mm線をハンダ付けしてドリルレースで形状を整えたものです。




画像

キットパーツと並べてみました。
加工のポイントは、全体にやや背を低くし、頭部のカーブをなるべく実機に即したものにしたこと、スチームドーム頭頂部の開口部のフチ取りをこじんまりさせて目立ちすぎないようにしたこと、サンドドーム蓋の形状を整えたこと、です。
特にどちらのドームも頭頂部のディテールがオーバーすぎて玩具っぽく見える点を改良したかったのです。




画像

だんだん形が出来てきました。





にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
煙室は円筒状に丸めるので、t0.3でも強度は十分だと思います。別の方法は、そのまま煙室をボイラーに突っ込むと段差がつきすぎるので、内筒を丸めてボイラーに突っ込んで、そのまわりにt0.2ぐらいの薄いリベッティングした板を巻けば、実物並みの段差になります。
ゆうえん・こうじ
2016/04/28 01:01
確かに実機は段差がもっと小さいですね。
ぴったり重なる円筒を作るのがちょっと難しそうですが。
初瀬春日@管理者
2016/04/28 10:48
外の円筒の板を0.2mm程度に薄くしたり、内径の円筒をパイプ利用できればそんなに難しくはないです。
ゆうえん・こうじ
2016/04/29 08:22
確かにパイプを使う手は名案ですね。
これに使えるかどうかわかりませんが、水道補修用で真鍮削り出しのネジを切ったパイプ状のものをホームセンターで見つけました。
径によっては使えるものがあるかもしれません
初瀬春日@管理者
2016/04/29 11:53
パイプ使わなくても、外板薄くすれば内筒になじみますよ。
あまり厚くすると今度は、火室とボイラーの段差がなくなっています。 ボイラーがエッチング加工で帯板表現してあるt0.5ぐらいものなら、外板はt0.2ぐらいの真鍮板か洋白が適当だと思います。
ゆうえん・こうじ
2016/04/30 09:25

コメントする help

ニックネーム
本 文
8100キットの製作(22):ドーム がたごと列車ブログ・線路端の雑記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる