がたごと列車ブログ・線路端の雑記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS Porterの製作(1):設計、ギヤボックス

<<   作成日時 : 2017/01/04 23:02   >>

トラックバック 0 / コメント 5

ブログの更新が滞っていましたが、いろいろと考えることばかりで手を動かすことがありませんでした。
何を考えていたかというと、次のお題です。

画像

手持ちの11mm動輪を利用できないかと、策を練っていたのでした。

そこで見つけたのがこのPorter。
画像


近藤一郎著「新編H.K.ポーターの機関車」で見つけた富士製紙落合工場のPorterです。
同書によればこの機関車は1920年製のBタンクで、動輪径508mm、軌間は762mmです。
これを1/46にすれば動輪径11m、軌間16.5mmと、なんとぴったりなんです。
そこでほとんどデフォルメすることなく、同書の図面をほぼトレースする形で図面を書いてみました。
台枠の上下幅は強度の関係で少し広くしてありますが、他はほぼ原図通りです。
Oスケールのナローとしてなかなか可愛いスタイルです。




画像

モーターはクラブの頒布品で、小型でトルクがあると定評のSS10J0TTBAというのを使います。
減速比は1:36、モーターを斜めに配置するとほとんど外から見えずにボイラーと水タンクの中に格納できることがわかりました。




調子に乗ってバブルギヤまで書いてしまいました。
画像

ただこれはあまりに小さいので、はたして可動するものができるかどうか、全くの未知数です。




動輪の形態ですが、同時代のPorterのものは三日月型のようです。
画像

この図面は上記の書物より拝借した関東水電栃木発電所工事のロコ(1920年製)です。
Porterの雰囲気を出そうとすればバランスウェイトも改造すべきでしょうが、面倒なのでどうしようか思案中です。




いつもならまず台枠とサイドロッドから手をつけるのですが、上に書いたように動輪の改造をどうするか結論が先送りなうえ、小さいロコのため動力などが思惑通りに収まってくれるかどうかもわかりません。
そこでまず動力部分から製作し、それを図面やモックアップにあてがって現物あわせの検討をすることにしました。

まずはギヤボックスです。
画像

最初に蓋を作ります。
外形は適当ですが、動軸とアイドラーの軸距だけは正確でないとまずいので、ノギスできっちりとケガキして穴あけしました。
軸距はダルマヤの説明書にある軸距 + 0.1mmです。
蓋のギヤ軸穴を1.5mmほどの下穴として開けたら5mm厚真鍮板にネジで固定し、軸穴を共開けで開けてしまいます。
これで軸距が大きくずれることはありません。




画像

蓋を外し、ギヤの入る逃げ穴をフライスで切削します。




画像

最後に余分な部分を削り取ったら完成です。
本体と蓋をネジで固定して一緒にフライスで切削すると全く同じ形に仕上がって気持ちがいいです。




画像

パーツが完成しました。
アイドラーは27枚のヘリカルギヤです。




画像

組み立ててみました。
動軸は軸箱の径に合わせた2.4mmです。

はたしてどんなものができるのでしょう。
今回はあまり先の見通しが想像できておらず、楽しみでもあり、少々不安も感じています。





にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
Oナロー2作目ですね、楽しみです。
私も蒸機を作りたいのですが、やはりDLに比べると難しい点が多くなかなか手が出ません。
初瀬春日さんの作品を参考に挑戦してみようと思います。
ozu
2017/01/05 19:06
> ただこれはあまりに小さいので、はたして可動するものができるかどうか

拙作のOn20のポーターエアロコは動輪径11.5φ、軸距19、フレーム内幅のところにフル可動のバルブギヤを組み込みました。なお、第2動輪軸に偏芯輪4個付けたため、第1動輪にギヤボックスを吊りかけています。

これに比べると余裕はあると思います。ところで富士製紙のポーターは偏芯輪は第1動輪に付いていたのでしょうか?
railtruck
2017/01/06 09:19
すみません。ポーターエアロコのフレーム内幅は6oです。
railtruck
2017/01/06 09:21
ozu様、railtruck様、コメントありがとうございます。
うまく形にできればいいのですが。

偏芯輪ですが、実は全くわかりません。
この記事の中に書いた関東水電栃木発電所の図面では第一動輪に偏芯輪があります。
それと同じとは限りませんが、実例があるのでまあいいや、という感じで第一動輪にしてしまいました。
第2動輪となるとrailtruck様の作例のように伝導を工夫しなければならず、いろいろと難しそうなのでやめました。
初瀬春日@管理者
2017/01/06 12:28
おっしゃる通りです。実物でも第1動輪に偏芯輪が付いているケースもあるので一概には言えませんね。
railtruck
2017/01/06 14:54

コメントする help

ニックネーム
本 文
Porterの製作(1):設計、ギヤボックス がたごと列車ブログ・線路端の雑記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる