がたごと列車ブログ・線路端の雑記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS Porterの製作(8):集電・試運転

<<   作成日時 : 2017/05/17 23:38   >>

トラックバック 0 / コメント 2

ぼちぼちと進んでいます。
集電が懸案事項でした。
通常の集電装置を付ける場所がありません。

画像

このような集電装置を作りました。
前後を全く別々にせざるを得ませんでした。前後を結線する手間が増えますが仕方ありません。
材料は薄い基盤(0.5mmぐらい)と径0.3ベリリウム銅線です。




装着状態です。台枠の開窓部から出して動輪のタイヤ裏側に接触させます。
集電線は案外フラフラせず、ちゃんとタイヤ裏側に接触してくれています。
画像

画像





試運転に先立ち、ロッドを作ってしまいました。
画像

材料は1.0mm洋白板です。
最初に軸距を正確にするため、フライスのDROを用いてセンタードリルでポンチ穴をマーキンングします。
予備を含めて必要数の2倍ケガいてあります。
後で気づきましたが、案の定、この段階で一箇所穴がずれてしまっています。
写真にバッチリと残っていました。
目盛りの見間違いだったのでしょう。




画像

一本ずつ切り出したらベーク板にネジで硬く締め付け、フライスで外形を削り出します。
ほんのわずかだけヤスリでの仕上げシロを残すつもりで削りました。
一番大事なこと、それはこの作業の前に部材の段階で動輪に組み付けてちゃんと回ることを確認しておくことです。
そうでないと一生懸命削った後で泣くことになります。
今回は4本中、3本が合格でした。先ほど書いたポンチのずれたものだけが不合格でした。




画像

次はベースのベーク板を立てて固定し、中央の薄くなっている部分を削ります。
仕上げ寸法が0.8mm厚になるようにしました。




画像

最後に両端の厚みを0.1mm削りとり、仕上がり0.9mm厚にします。




画像

ヤスリとペーパーで仕上げ、片方の軸穴に座繰りして完成です。
コッターなどのディテールは後からです。








集電線の形状はもう少し改善の必要がありそうですが、実用の目処は立ちました。





にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
調子いいですね。
railtruck
2017/05/18 06:30
railtruck様、ありがとうございます。
以前、railtruck様の画像を見せていただいてからこの弁装置を何とか自分でやってみたいと思っていました。何とか形になりそうで嬉しいです。
初瀬春日@管理者
2017/05/18 09:25

コメントする help

ニックネーム
本 文
Porterの製作(8):集電・試運転 がたごと列車ブログ・線路端の雑記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる