がたごと列車ブログ・線路端の雑記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS Porterの製作(12):キャブ

<<   作成日時 : 2017/06/26 22:13   >>

トラックバック 0 / コメント 0

上周りを進めます。
キャブは0.4mmで作りました。
窓を抜いた後、少ないですがリベットを打ちました。
画像





順調に進んだように見えますが、実は大きなミスがありました。
最初に妻板、側板が完成した時に台枠やボイラーとあてがってサイズを確認していました。
すると、どうやってもボイラーがフィットしないのです。
ケガキのミスかと思ってしばらく考え込んでいたところ、原因がみつかりました。 
キャブは前の妻板の上下寸法が短い二段型になっています。
ボイラー高さを合わせるときに台枠上部からの寸法、すなわち後部妻板と同じ採寸でやってしまっていたのでした。
画像

正しいもの(左)に比べてキャブの段差の6mmだけボイラーの切り欠きが高くなっています。
写真で見ると全く違うロコに見えます。
これだけ違うと修正のしようもなく、作り直しました。
思い込みとは恐ろしいものです。




画像

ハンダを点付けして仮組みし、全体の構成を見ています。
幸いボイラー高さはうまくマッチしました。
開口部が大きいため0.4mmではかなり弱々しく、内張りを張るまでは取り扱いは要注意です。




このような半分フリーみたいなものを作っていると、特に全体のサイズの点でおかしなところがないか気になってきます。
そこで前作のJungと並べてみました。
画像


画像

ボイラー高さ、キャブの大きさ、高さなど、矛盾のない範囲に収まっていて一安心です。
しかしボイラーが細いですね。
こんなのでいいのかしら。
ボイラー太さについては明確な資料は少なく、近藤一郎著「新編H.K.ポーターの機関車」の正面図からトレースしただけなのです。
せっかくここまで来たのでこのまま進めてみます。





にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
Porterの製作(12):キャブ がたごと列車ブログ・線路端の雑記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる