がたごと列車ブログ・線路端の雑記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS Porterの製作(17):シリンダーブロックの作り直し

<<   作成日時 : 2017/10/09 21:33   >>

トラックバック 0 / コメント 0

画像

前回お出しした写真では、シリンダー周りがあまりにも小さくてみっともなかったので作り直しました。
サイズ変更は、シリンダー径が5→6mm、弁室が4x4→5x5mmと一回り大きくしました。
ついでに、シリンダー間隔が25mmでせっかくのOスケールなのにちょっと窮屈だったので、26mmに広げました。




工作方法は前回と全く同じです。
手戻りは精神的には面倒できついけど、同じ手順をなぞってゆくので初回よりはちょっと上手くできたりもします。
画像

あり合わせの真鍮ブロックにシリンダーの孔を開けます。
ジャンク箱から拾ってきたので表面は汚いです。サイズはこの時点ではちょっと大きめにしておきます。




画像

アングルバイスにくわえて一面を削り、シリンダーの傾きを表現します。
後述しますが、わずかな角度の差でメインロッドの傾きがおかしくなってしまうので、何度かテストピースで角度を調整する必要があります。
分度器を目視するのは全く役に立ちません。




画像

先ほどの斜めに削った面を基準にサイズを調整して仕上げに近づけてゆきます。
まずはシリンダー高さの確認です。




画像

次にシリンダーからメインロッドの線が第2動輪の中心に一致することを確認します。
少々違っていても回りますが動きがちょっと乱れると思います。




画像

不要部分を削って形を仕上げました。
この前にボイラー高さも確認しておきました。





画像

シリンダーはM1.4の真鍮ネジで取付たらハンダで固定し、ネジの頭をヤスって起きます。
ネジ孔はほんのわずかだけ皿もみして、0.何ミリか頭がはまり込んで残るようにしました。




画像

今回は、弁室は一体でフライスで削り出しました。
単純な形ですが4辺を同じように仕上げるのはちょっと気を遣います。




画像

角を丸く削って仕上げました。
なかなか綺麗に削れません。




画像

弁室を付けてシリンダーブロックが出来ました。




画像

上回りを組み付けてみました。
今度はなかなか良い雰囲気になりました。
サイズ変更によって弁室の高さも変わり、ロッカーアームも作り直す羽目になりました。
結構手間がかかってしまいました。

モーターを付けるのが面倒だったので転がりテストだけです。
まずまず及第点でしょう。






にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
Porterの製作(17):シリンダーブロックの作り直し がたごと列車ブログ・線路端の雑記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる