がたごと列車ブログ・線路端の雑記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS Porterの製作(19):クロスヘッドとメインロッド

<<   作成日時 : 2017/12/27 23:07   >>

トラックバック 0 / コメント 0

1ヶ月ぶりの更新です。
なかなかサクサクとはできないですね。
工作は行きつ戻りつ、時間ばかりが過ぎてゆきます。
やり直しの中身は設計の思い違いだったり、ケガキ線を間違えて削ったり、ドリル刃を折り込んだり、色々です。多すぎてもう細かいことは忘れてしまいました。
まあ、言い訳はこのぐらいにして、本文です。

画像

クロスヘッドはなるべくパーツ数を少なくしたかったので、2mm厚の洋白から一体で削りだしです。
まず適当な捨板にワークをハンダつけして外形と、スライドバーの入る溝を掘ります。




画像

さらに外形を削り込み、メインロッドとの接合部を掘ります。




画像

少し端折りますがこんな感じに仕上げました。
実はこの写真の物は孔位置がおかしいことに気づいて後で作り直しました。
なので最終に仕上がったものとは少々印象が違っています。




画像

メインロッドは1mm厚洋白からの削り出しです。
ただ、1mmでは少し厚いので最初に0.9mmまで薄く削ってから外形を切削しました。




画像

外形のできたロッドは立てた板に固定して薄くなっているロッド部を約0.1mm削ります。




画像

ヤスリとペーパーで仕上げます。




画像

クロスヘッドとメインロッドそ組み付けるピンはヘッドを六角にします。
これは細かい造作ですが、かなりかっこよくなるので好きな表現です。
2mm洋白棒の先端を割出器で六角に削ります。
先端に出ているのはボルト表現ですが、後の作業のため長めになっています。
この作業の前に旋盤で先端部を径0.8mmに削り、センターマークをつけておきます。




画像

旋盤で軸を径0.6mmまで削ります。
この作業は芯押しで固定しないと振れてすぐに折れてしまいます。
このために頭部を長めに残してあったわけです。

回転センター

は自作のかなり小ぶりなものです。




画像

仕上がりました。
クロスヘッドの本体とピストン棒はロウ付けです。
あとからディテールを付けるときにバラけてしまうのを避けるためです。
ピストン棒はバーナーでなまってしまわないよう、0.8mmステンレスを使いました。




仮に装着してみたらなんとか回りそうです。
後はもう少し調整して、下回りを早く完成させたい所です。




にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
Porterの製作(19):クロスヘッドとメインロッド がたごと列車ブログ・線路端の雑記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる