Porterの製作(48):ディテールあれこれ

2週間ほどブログを開かなかったら、全体のデザインと入力形式ががらっとか変わっていて驚きました。 少し慣れが必要そうです。 下回りを中心にディテールを少し付けました。 後部端梁にステップを付けました。 ボルトはすべて植え込みにしたので頑丈です。 弁室の前に付くリリーフバルブです。 頭の部分は径1.2mmに切…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Porterの製作(46):前照灯の取り付け・安全弁・汽笛

まずは汽笛と安全弁を作ります。 汽笛、安全弁とも真鍮棒から一体での削り出しです。 汽笛の細い切れ込みは旋盤を回しながら糸ノコで切り込みました。 安全弁は小さいもので安定した仕上がりにならないため、いくつか作って揃ったものを選びます。 汽笛の作用腕はt0.2洋白から削り出しました。 作用腕は取付足…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Porterの製作(45):前照灯

前照灯は油灯をつけることにします。 本体は旋盤で切削しました。 台座は適当な角材にハンダで固定した小片をフライスで削って成型しました。 台座と本題を0.8mm線で串刺しにしてロウ付けで固定します。 頭頂部に付くベンチレータ(?)は角材の先端をフライスで削って成型します。 単純な形ですが細かいパー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高束山登山

久しぶりに嫁と山登りしてきました。 登山と言っても本格的な山はキツイのでもっぱらハイキング気分で行ける低山ばかりです。 低山であっても侮ると道に迷って遭難なんてこともあるので下調べと準備は万端に。 現地でも常に道を間違えてないか気をつけて登りました。 登山道入口近くにある水道橋はなかなか見応えのある構造物です。 この類…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

レイアウト訪問

昨日、元同僚・先輩のK氏を訪問してきました。 目的は庭のトロッコ軌道と路面レイアウトを見せてもらうことです。 いい雰囲気ですね。 このトロッコ軌道と後でご紹介するレイアウトは最近TMSに出たのでご存じの方も多いでしょう。 車両はこのト120が1輛だけで動力車はありません。 ト120は自重が数10kgある…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高宮神社

1年ぶりぐらいで自転車に乗りました。 体力が落ちているので負担の少ない短いコースです。 農道を走り、着いた所は美里町の高宮神社。 近くにある碑に書かれているのは、日本書紀によると第12代景行天皇の第七皇女、五百野皇女が斎王として伊勢の地で神宮の祭祀に励み、任を終えて都へ帰る途中に病のためこの地で亡くなったという悲しいお話です。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

KKC総会・作品展示会

昨日は東京での総会に参加してきました。 いつもはクロースドの会ですが、今年は一般の方にも作品展示会として解放する趣向となりました。 そのためか、皆さんいつもより持込み作品の数も多め、いつになく気合が感じられる会となり、大変活気がありました。 とても全部を書くことはできないので、特に印象深かった作品を少々御紹介します。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

Porterの製作(44):キャブインテリア(10):完成

やっとキャブインテリアが完成しました。 キャブといいながらボイラー側からパイピングなどを接続するため、上回りディテールとまとめて制作することになります。 分配箱が大きすぎました。 パーツのサイズは難しいですね。 機関士の乗るスペースがここしか無くなってしまいました。 逆転器ハンド…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Porterの製作(43):キャブインテリア(9):ルブリケーターの作り直し

キャブのパーツの取付を始めています。 私の常ですが、パーツを作る時には一生懸命で各パーツの整合性をあまり考えていないため、いざ取付の段になってあっちこっちが干渉してなかなか大変です。 孔を開け直したり苦戦していますが、何とか目処が立ってきました。 ここで判明したのが、先日作ったルブリケーターが大きくて上手く収まらないということ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more