東武日光軌道線ED611:車体基本部分

車体の基本部分を制作します。

画像

まず、定石通り、窓枠、ルーバーを付けました。



画像

車体裾のアングルは車体下端から3.4mmという中途半端な数値が指定されています。
裾が丸く加工されているのでアングル取り付け治具もうまく使えません。
ノギスの段差部分の測定機能で位置を決めました。



画像

一応、取付位置は何度も確認しましたが、万が一付け直す場合もあるので、ここでは3点ほど仮止めだけにしておきます。
車体前面やデッキを組み付け、ゆがみや傾きがないとわかればしっかりと固定しようと思います。



画像

とりあえず下回りを組み付け、前後左右から傾きの無いことをチェックしました。
一応OKです。
この状態で試走しましたが、ショートもなく、快調に走りました。


ブログランキング・にほんブログ村へ

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック