東武日光軌道線ED611:上回りディテール仕上げ2:鈎外し

画像

ロスト製のパンタ鈎外しが折れてしまいました。
もともとこのパーツはワイヤーまで一体でロスト製にする点で少々無理があり、また、車体に大きな取り付け孔があるにもかかわらずパーツに取り付け足が無く、どうやって付けるか非常に悩んでいたパーツでした。
コテをあててゴチャゴチャやっているうちに細い部分が折れてしまったのです。



画像

まあ、ワイヤーも太くてあまり気に入らなかったので、これを機会にパーツの滑車部分だけを使うことにしました。
不要な部分を削り、ワイヤーを通す部分に0.3mmの孔を開けました。
写真ではここに0.2mm線を通してあります。



画像

取り付けてみると小さくまとまり、無難に収まりました。
元のパーツのままだとちょっとオーバースケールと思っていましたが、少し削ることでちょうどよくなりました。



画像

0.2mm線を通してみました。
やはりワイヤーは線材でなければ雰囲気が出ません。
ロストでは無理があります。
ちょっと太いような気もするので、0.15mmというのを持っているので、本番ではそれに変えてみようと思っています。


ブログランキング・にほんブログ村へ

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック