東武日光軌道線ED611:前照灯点灯加工

画像

前照灯はLEDで点灯させ、光学繊維で導光します。
光学繊維は径1mmを使います。
光学繊維を通しやすいように、内径1.5mmのパイプをハンダ付けしました。
写真ではパイプの中に光学繊維を通してあります。



画像

LEDと保護ダイオードを基盤に配線しました。
LEDは電球色です。



画像

光学繊維は先端を線香の熱であぶり、レンズ状にします。



画像

LEDユニットの装着状態です。
LEDは光漏れを防ぐため、先端部を除いてFチューブで覆ってしまいました。
前方への光漏れ防止と、LEDの位置固定のため、真鍮材を折り曲げて作った箱状のものをつけました(矢印)。



画像

前方からみると光学繊維の丸めた先端がちょうど電球のように見えます。
点灯試験では、まずまずの光量が得られました。
側方や下方への光漏れは外からはほとんどわかりません。
裏返して覗くと少し漏れがあるので、その部分はアルミホイルやテープで覆ってしまおうと考えています。


ブログランキング・にほんブログ村へ

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック