東武日光軌道線ED611:下回り2

画像

ブレーキシリンダーを取り付けました。
1mm厚の帯板の上に乗った形になっています。
本来はもっと車端側についており、ハンドブレーキホイールと並んで外側いっぱいに位置するのですが、キットの説明書にもあるように台車間隔が少々つめられているため、台車に干渉しないために中央よりにずらして取り付けます。
本当は左右が点対称の同じ位置につくのですが、いろいろ試した結果、このように少し左右がずれた位置に付けることになりました。



画像

0.4x2mm帯板から作ったブレーキてこを付けました。
本当は左右対称なので同じ長さのはずですが、位置がずれているので長さが異なっています。
かなりいいかげんな工作になってしまいましたが、これで床下の立体感、ごちゃごちゃした感じが出たと思います。

こういうのがかっちりと作れないのが工作力の無さですね。
達人の作品は、こんなほとんど見えないような場所でもきっちりと工作してあって(決してディテールが細かいという意味ではなく)、その積み重ねで全体に言葉では表せないような重厚感が出ているのだと思います。
すこしでもそのレベルに近づきたいものです。


ブログランキング・にほんブログ村へ

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック