8620の製作(その24)パイピングなど

上回りのパイピングの残りを完了しました。
画像


画像

今回の工作部位は、ハンドレール、ハシゴ、キャブ前部ひさし、発電機周囲、です。



画像

発電機周囲では、キャブからの配管と排気管を付けました。
結局ATS発電機は付けないことにしたので、発電機の排気管もオリジナルの旧タイプです。



話が前後しますが、ハシゴの組立てです。
画像

まず片方に0.3mm線を付けてしまい、
画像

適当な厚みの板材でこのような治具をつくって、
画像

幅をととのえながら反対側にハンダ付けしました。
画像




画像

写真ではわかりにくいですが、実際にはかなり粗い部分がありますが、斜め上方から見るとパイピングの密度感があって結構気に入っています。
画像




にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

この記事へのコメント

ダマタカ
2009年07月19日 19:51
出張で、PCと離れていました。

 ハンダ跡が、無いですね!!

ハシゴの取り付け、穴明けをしてから、
裏側からですかーー??
初瀬春日@管理者
2009年07月19日 21:30
ダマタカ様 お久しぶりです。
出張でしたか。
更新が無いので体調が悪いのではないかと心配していました。

ハンダ付けは極力少量のハンダで行っています。
ハシゴは網目板の上にそのまま直付けです。
もちろんその部分は強度は弱いですが、実は頂点の踏板に取付足があってボイラーにがっちりと止まっているので、大丈夫なのです。

この記事へのトラックバック