8620の製作(その16)砂撒き管、バックプレート

上まわりを少しずつ進めます。
ランボードとの組み付けは、もっと後にすることにしました。
まだまだ付けておくパーツがあるようです。

画像

0.4mm線で砂撒き管を付けました。
管の走行はランボードの位置と関係するため、テープでボイラーとランボードを仮止めしてから砂撒き管を付けました。



画像

管がぐらつくので途中で一カ所、割ピンで止めました。



画像

次はバックプレートです。
キット付属のものを使いました。ディテールはやや甘く、もっと細密なものも売っていますが、どうせよく見えなくなるのでキットのものをそのまま使いました。
ディテールはまあ妥協できるのですが、外径がボイラー径に比べて1mmほど広いのには困りました。
周囲を相当削って、なんとか径を合わせました。
それでもまだやや広いです。
ついでに、異常に厚かった上部の圧力計部分は少し薄くヤスっておきました。



画像

床板を付けると雰囲気が出てきます。




にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

この記事へのコメント

Por6071
2009年07月03日 09:20
こんにちは

キャブ内の雰囲気が凄く良い感じですね!

削って径を合わせられた、ご苦労のあとがよくわかります。

ランボードの取り付け前にやること、結構あるんですね。私も今一度、取り付け前にやるべきことを整理しようと思います。
初瀬春日@管理者
2009年07月03日 11:56
Por6071様 こんにちは

バックプレートはもっと良いロストも売ってますが、お値段が・・・
取り付けてみると、これでも結構行けるんじゃないかと思いました。

本当はランボードと組み付けて上回りをしっかりさせたいのですが、付け忘れを恐れてなかなか付けられません。

C62は全然構造が違って、ランボードがボイラーの中程にあり、これを先に付けないと全体が組めないのでランボードが先ですね。

この記事へのトラックバック