競作:木造ボギー客車(13):デッキ部の完成

手すりを固定する金具を付け、デッキ部を完成させた。

画像

まず、普通車の方にもデッキ部の飾りを付けた。
これはキットのオマケパーツをそのまま使った。




画像

この飾り部に続く枠に手すりを受ける金具を付けるのである。
キットのオマケパーツにも同様のものはあったが、サイズが異なって使えないので0.6mm厚で適当に作った。
屋根端が直線の合造車は簡単であったが、円弧になっている普通車は金具を分割にせざるを得ず、やや面倒であった。




画像

仮組みしてみた。
今のところ、手すりも含め、全てのパーツははめ込んであるだけである。
合造車の手すりの飾りは単純な円形とした。
面倒でもこの飾りを付けないと、イモ付けの手すりの強度が得られない。




画像

これで上回りの山場は越えることができた。
後はキングポストをまとめると、完成に近づく。





にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

この記事へのコメント

ozu
2011年06月03日 10:16
もう完成間近ですね。
屋根やテスリに変化を付けても、全体の雰囲気は統一されていて編成にしても違和感なくいい感じです。
こちらもそろそろ動き始めないと間に合わなくなりそうです。
初瀬春日@管理者
2011年06月03日 14:06
ozuさま コメントありがとうございます。

やっと形が見えてきました。
あとはディテールの部類になるので、ちょっと気が楽になりました。

ozu様の三本ロールの活躍を楽しみにしています。
集会の時には持ち寄って、皆さんの作品を拝見したいです。

この記事へのトラックバック