競作:木造ボギー客車(20):室内灯配線の接点

猛暑日でやる気のでない日が続きますが、少しずつ進めます。

室内灯への配線は接点で接続することとしました。

画像

薄いガラスエポキシ基板に0.3mmで作った接点とリード線を付け、配線がちぎれないよう、エポキシで固めてしまいました。
基板が薄いのでハンダが裏へまわってしまい、ショート防止のために0.1mmプラ板を貼って絶縁してあります。




画像

床板側の接点は配線基板の孔のない部分を使いました。
ダイオードが見えているのは、尾灯用の保護回路で、基板を使わずリード線にダイオードを直付けです。




画像

接点の接触状態。
リード線や回路は目立たないように内壁や床と同じ色に塗ってしまいました。

もっときれいにすっきりとできるといいのですが、なかなか上手くいきません。





にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

この記事へのコメント

ダマタカ
2011年07月15日 09:35
室内照明、テールランプを、
お付けになるんですね!!
電子工作苦手だ何て言いながら
確りと 工作されている。
狭い室内で接点式にするとこ、
見習わさせて 貰います。

デッキと床板が1体式でテスリ
が上部に差し込み式にして有る
んだー、
難しい? かなり凝ってますね。
初瀬春日@管理者
2011年07月15日 10:42
ダマタカ様 おはようございます。

この程度ではとても電子工作とは言えませんが、間違えないよう、ショートしないようには気をつけています。

デッキ、手すり、屋根の関連をうまくつけるのが非常に難しかったです。
キット利用なので仕方有りませんが、今から思えばデッキ部分は床板から切除して上回りに付けた方が良かったと思います。
キットの構造を大改造することになるので非常に手間はかかりますが。

この記事へのトラックバック