30馬力コッペルキットの製作(23):生地完成

画像

制作開始から3ヶ月で、何とか生地完成に持ち込めました。
その前に最後のディテールパーツである加減弁からの蒸気管を作りました。

画像

蒸気管は0.6mmの布巻線ですが、横腹と端部に0.3mmの孔を開けることに成功しました。




画像

それで、0.3mm線を差し込んでこのような接続が可能になりました。




画像

蒸気管は車体上部と下回りの両方にかかるので分解を考慮してこのような構成になりました。




画像

まずシリンダーに蒸気管を差し込んで、




画像

上回りを接続するとこのようになります。
加減弁には差し込むだけです。




画像

反対側に回った蒸気管はシリンダーに入る部分でチラリと見えます。
こんなチラリズムに興奮するのは私だけじゃないと思います。




画像

もろもろのディテールパーツをロックタイトで接着固定して、生地完成となりました。
キャブの窓周辺幅が少し異なりますが、西大寺5号機タイプの出来上がりです。




嬉しくなって全方向の写真を撮りました。
画像


画像


画像


画像


画像


画像


ワールドの西大寺ハボ5を従えてみました。

画像


初めてのナローはサイズの把握にちょっと戸惑いましたが、何とかまとめることができました。
良くできたキットがベースの改造なので悩むことも少なく、非常に楽しむことができました。

あとは塗装して、うまく動いてくれるよう祈るばかりです。




にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

この記事へのコメント

ozu
2011年12月09日 11:38
生地完おめでとうございます。
ここまでやった人はなかなかいないのではないでしょうか、素晴らしいです。
色は何色を塗られるのでしょうか。
塗装完が楽しみです。
初瀬春日@管理者
2011年12月09日 15:24
OZU様 いつもご訪問いただき、ありがとうございます。

何とか現役の西大寺の雰囲気が出せたんじゃないかなと思います。

色は・・・・
すみません、西大寺なので黒です。
発想が貧困なので皆さんのようなカラフルな蒸機はなかなか塗れません。
コン
2011年12月11日 11:07
恐れ入りました。ボイラまで新製ですから、恐れ入りました。拝見出来る日を楽しみにしております。亦ポーターも是非作って下さいね。
railtruck
2011年12月11日 13:54
随所に凝られて見事な出来ですね。
それだけにやはりスライドバーの寸足らずがマンガチックで気になります。この部分はやりかえても走行には影響ないと思いますが...。
初瀬春日@管理者
2011年12月11日 19:46
コン様、railtruck様、お誉めいただき、本当に嬉しいです。
railtruck様に途中でいろいろダメ出ししていただかなければ、ここまでレベルアップできなかったと思います。
改めて御礼申し上げます。

スライドバーは確かに少し短いです。
最初は単純に組むつもりで修正しないままディテールを付けてしまったので、今から取り外すのはちょっと苦しいです。

今回は練習として、今後に活かしていきたいと思います。
Bluebell
2011年12月16日 15:04
こんにちは。
スゴイですね!! 私のようなプラモデルしか作らない者からすると、もう想像もつかない世界です。一度現物を拝見したいです。
初瀬春日
2011年12月16日 17:59
Bluebellさま
コメントありがとうございます。
今度一度見てもらいにお持ちしますね。
私などから見ると、塗装表現の上手なプラモの方の技術は神業だと思います。
また塗装のことを教えていただきに伺います。

この記事へのトラックバック