拡大鏡

中高年のモデラーの方々なら必ず大きな悩みの一つになっているはずの「老眼」という問題があります。
自分も数年前から近くの物が見づらくなり、模型工作をするときには拡大鏡が必須になってしまいました。
ところが、いくつか試してみましたがなかなか決定打がないのが悩みのタネです。
最近、やっとうまく使えそうな拡大鏡に出会えましたので、ご紹介してみます。

画像

私は普段は近視の眼鏡をかけているので、基本的な拡大鏡は眼鏡に取り付けるタイプが一番しっくりきます。100円ショップのものも何度か使いましたが、不要なときにレンズを跳ね上げておくバネがすぐダメになってしまうので、ある程度品質の良い物の方がいいと思います。
私はたいていの作業はこのレンズが使いやすいです。




それでも、もっと拡大して正確に見たいとき、いわゆるルーペを使うわけですが、困るのはルーペを持って左手がふさがってしまうと作業がしにくくなることです。
どこかにルーペを固定したいのですが、そのよい手段がなかなか見つかりませんでした。

画像

これが最近発見した、ペンなどに挟めるルーペです。これは4倍で、ケガキなどの時に先端の位置を拡大して確認するのに便利です。




次に、電動工具の作業点を拡大するルーペです。
削っているポイントを拡大したいのですが、顔や手を近づけすぎるると危険だし、気を付けないとルーペが回転部分に当たってしまうこともあります。

画像

今回採用したのが、クリップ付きの小さなフレキシブルルーペ(4.5倍)です。レンズの直径が3cmほどで、バイスや刃物の狭い隙間にうまく入れることができます。
クリップを固定する台として、あり合わせのアルミアングルに強力なネオジウム磁石を2個ネジ止めしました。



画像

ボール盤のテーブルに付けてみました。




画像

旋盤のモーターカバーに付けてみました。




画像

電動工具は照明も大事ですが、これはカメラの三脚で有名なコブラにLED電灯が付いた物で、足先にはマグネットも仕込まれており、光量も充分でこれまでの中で一番満足しています。




画像

フライスのバイス固定金具に付けてみました。
小さいのでこんな所にも付けることができます。
磁石が強力なのでずれたりする不安は全くありません。
ここの照明は写真に写っているスタンド式のもので、これも光量が充分で使いやすいです。




おそらく皆さんそれぞれ工夫しておられると思いますが、理想のものに出会うまでには何度か失敗もあったんじゃないでしょうか。
自分は今回ご紹介した物は、現時点では不満のないものだと感じています。





にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

この記事へのコメント

TTC-8620
2012年05月19日 10:15
磁石を取り付けたフレキシブルルーペ、
これいいですね!
使いやすそうで、グッドアイデアです。

以前、東急ハンズでこのようなルーペを
探したことがありましたが、
無かったようでした。

今後モデラーのためのルーペ開発してほしいです!
HO愛好者は50~60代が多いと思いますので。
初瀬春日@管理者
2012年05月19日 17:42
TTC-8620様 こんにちは

拡大鏡は必需品なのに、なかなかこれというものに出会えません。
今回のフレキシブルルーペは一応成功だと思っています。
これ東急ハンズで買ったんですよ。
あいうえお
2013年05月27日 14:57
こんにちは。当方ペンなどに挟めるルーペを探しておりましたところ、こちらのブログにヒット致しました。こちらはどちらでご購入されたのでしょうか。
恐縮ですが、ご回答頂けると幸いです。宜しくお願い申し上げます。
初瀬春日@管理者
2013年05月27日 18:28
あいうえお様
コメントありがとうございます。

これは名古屋の東急ハンズで買いました。
数百円だったと記憶してます。
1年前のことなので、今でもあるかどうかはちょっとわかりません。
品番なども包装紙を捨ててしまったのでわからなくなってしまいました。
あまり参考にならなくて済みません。

この記事へのトラックバック